【光の饗宴2017】絶対はずせない!御堂筋・中之島イルミネーションコアスポット

2017年10月30日 17:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「大阪・光の饗宴2017」は、御堂筋を光で包む「御堂筋イルミネーション2017」と15周年を迎える「OSAKA光のルネサンス2017」の2つをコアプログラムに、大阪各所で灯される個性あふれる光をエリアプログラムとして開催。光でつながる大阪の幻想的な夜を楽しもう!(開催時期:12月14日~12月25日、プレビュー点灯は11月12日~12月13日)<※情報は関西冬ウォーカー2018より>

OSAKA光のルネサンス2017

光と音楽が美しい幻想的な空間を作り出す「OSAKA光のルネサンス」が今年15周年を迎える。それを記念し、誰もが気軽に見られるようになった「ウォールタペストリー」をはじめ、5つの特別プログラムを開催。初開催となる「=台南・光の廟てい=」などを楽しんだら、「OSAKA光のマルシェ」でクリスマス屋台の絶品メニューも味わって。<イルミデータ/点灯時間:17:00~22:00 ※一部16:00~ LED・電球数:非公開 料金:観覧無料>

「ウォールタペストリー・大阪市中央公会堂特別公演」は、完全入替制プログラムだった「ウォールタペストリー」を、今年初めて会場を大阪市中央公会堂へ移し、すべての来場者が観覧できるようになった。15周年の感謝の気持ちを込めた新しい光の「絵画」を映し出す。

■ウォールタペストリー・大阪市中央公会堂特別公演<会場:中央会場 大阪市中央公会堂正面 時間:17:00~21:00 ※演出は15分に1回/各回約10分>

全ての画像を見る(6件)

「光の交流プログラム=台南・光の廟てい=」は、世界の「光の文化交流」として今年初めて台南が出展。台湾の元宵節を祝う約1000個のランタンが会場に。色鮮やかなランタンが大阪の夜空を彩り、大阪と台南が優しい光でつながる。

■光の交流プログラム=台南・光の廟てい=<会場:中央会場 リバーサイドパーク 時間:17:00~22:00>

「中之島イルミネーションストリート・スペシャルプレビュー」は、OSAKA光のルネサンスを象徴する、全長約150mのケヤキ並木のイルミネーションストリート。今年は15周年記念の特別プログラムとして、12月1日(金)~13日(水)も「スペシャルプレビュー」として開催される。

■中之島イルミネーションストリート・スペシャルプレビュー<会場:中央会場 みおつくしプロムナード 時間:17:00~23:00(演出は17:00~21:00。60分に4回。1回約5分)

「OSAKA光のマルシェ」は、手軽に食べられるメニューから本格的な料理まで、各店自慢の逸品がOSAKA光のルネサンス会場に勢ぞろい。大阪市中央公会堂に照らされる感動の光を間近で見ながら、大阪のグルメを満喫できるのが魅力。

■OSAKA光のマルシェ<会場:中央会場/リバーサイドパーク・水上劇場周辺、東会場/阪神高速高架下 時間:16:00~22:00>

■OSAKA光のルネサンス2017<住所:大阪市北区中之島公園 電話:06-6910-1156(大阪・光の饗宴実行委員会事務局) 期間:12月14日(木)~25日(月) ※プレビュー点灯は11月12日(日)~12月13日(水) 会場:大阪市役所周辺・中之島公園 交通:地下鉄淀屋橋駅、京阪電鉄・地下鉄北浜駅、天満橋駅、京阪電鉄なにわ橋駅、大江橋駅より各所へ>

御堂筋イルミネーション2017

2014年に「最も多く街路樹にイルミネーションを施した通り」として世界記録に認定された、全長4kmの御堂筋を彩る冬の風物詩。今年は淀屋橋から新橋までの区間で、沿道のビルや施設に世界で活躍するアーティストによる光のコンテンツや、光の演出によるオンリーワンの圧倒的な光空間が新たに登場。11月12日(日)には開宴式も行われるので参加して御堂筋を歩こう。<イルミデータ/点灯時間:17:00ごろ~23:00 LED・電球数:非公開 料金:観覧無料>

大阪・光の饗宴2017の初日に開宴式を開催。御堂筋イルミネーション2017の点灯を行い、普段は歩けない御堂筋の一部を一夜限りで歩行者に開放する。(※会場:久太郎町3交差点~新橋交差点 日時:11月12日 時間は未定 料金:無料)

■御堂筋イルミネーション2017<会場:御堂筋(阪神前交差点~難波西口交差点) 電話:06-6910-1156 交通:地下鉄各駅より各所へ>

※「光の交流プログラム=台南・光の廟てい=」の「てい」は、土へんに呈と記す。【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事