【福岡のうまかもん】解体ショーやインスタ映え料理が話題!「まぐろやナポレオン」

2017年12月20日 19:20更新

九州ウォーカー 久保田学

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡市の大正通り沿いに建ち、連日大勢の客でにぎわう大衆酒場「まぐろやナポレオン」(福岡市中央区)。屋号に掲げるマグロはもちろん、さまざまな鮮魚を集めた“福岡の魚料理と言えばココ!”と評判の店だ。

「まぐろの中落ち」(3〜4人前2700円〜)。大トロや中トロなどさまざまな部位が堪能できる

豪快なマグロや鮮魚メニューで気軽に一杯

長浜魚市場の仲買人として、魚の見極め方やさばき方を学んだ店主が、地場産の魚介類を厳選して多彩な料理を作る。なかでも、奄美大島や壱岐・対馬などから仕入れた本マグロを使った看板のマグロ料理は食べておくべき一品だ。

インスタ映え!名物の「ナポレオンセット」(1940円)は、中トロ・ウニ・イクラなどが山盛り!

全ての画像を見る(7件)

握りや刺し身の定番メニューをはじめ、中トロ・ウニ・イクラを溢れんばかりにのせた「ナポレオンセット」(1940円)、大トロや中トロなど4、5種類の刺身を盛った「マグロ出世盛り」(2~3人前1940円)、骨付きで出される「まぐろの中落ち」(3~4人前2700円~)など、ボリューム満点のメニューが勢ぞろい。

【写真を見る】目玉や頭肉などの希少部位も手ごろな価格で食べられるのがウリ

さらに、脳天(頭)を焼き上げた「まぐろカシラ焼き」(中1、2人前~、510円~)や、目玉の煮付け、ホホ肉のステーキ(※時価)など、希少部位が味わえるのも魅力だ。

マグロ以外にも旬の魚を使った料理も多数そろう

本マグロを一頭買いした時は解体ショー(不定期のため、要電話確認)が行われる他、注文が入れば店頭の炭焼き台で食材を焼き上げるなどサービス精神旺盛なスタッフのパフォーマンスにも注目!

テーブルをメインに45席を用意。昼から“ちょい飲み”を楽しむ客もちらほら

豪快で華やかな料理は、その見た目から“インスタ映えする”と話題になるほど。Facebookやインスタグラムで同店の公式アカウントに「いいね!」をして、写真を投稿すると「本日のまぐろ一品」かワンドリンクサービスとうれしい特典もあるので要チェックだ。

店は大正通り沿い。地下鉄赤坂駅から徒歩5分とアクセスもいい

ポテトサラダや串焼き、鉄板焼き、モツ煮込みといった単品料理は190円から、生ビールやハイボールなどのドリンクは1杯300円からとリーズナブル。朝11時からの通し営業でメニューは変わらず出されているので、夜の居酒屋利用はもちろん、昼の“ちょい呑み”にもオススメだ。

[まぐろやナポレオン]福岡県福岡市中央区赤坂1-6-23 / 092-725-0968 / 11:00~23:00(LO22:00) / 不定休

【九州ウォーカー編集部/取材・文=久保田 学(J.9)、撮影=川崎 賢大】

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る