累計入園者数1100万人超!「安城産業文化公園デンパーク」に新エリアが登場

2017年12月5日 7:30更新

東海ウォーカー 吉川明里

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

累計入園者数が年間1100万人を超える「安城産業文化公園デンパーク」(愛知県安城市)が、2018年3月にリニューアルオープンする。今回登場するのは、「風車の広場」「子ども広場」「マーガレットハウス」の3エリア。

「風車の広場」には、木登りのようなチャレンジができる国内最大級の高さ12メートルにも及ぶ大型遊具が登場。親子の憩いの場としてもオススメの「子ども広場」では、自然と触れ合いながら遊べる。さらに、幅広い年代の子どもが自由に遊べる室内遊び場「マーガレットハウス」は、室内の遊び場なので天候に左右されないのがうれしい。

週末は子どもの発達や興味に応じて自由に遊べるこの施設で、思いっきり遊ぼう!【東海ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事