明石の台所! 魚の棚で食べ歩き

2017年12月26日 16:47更新

関西ウォーカー 中島和希

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

地元では「うおんたな」と呼ばれ親しまれている商店街には、明石で捕れる海の幸がズラリ。明石焼きなど名物のタコを使ったメニューはもちろん、その時期の旬の魚介が登場するので、魚好きにはたまらない! 車で10分ほど走れば、明石海峡大橋や瀬戸内海を一望できる絶景スーパー銭湯もあるので、昼出発で気軽な一日を満喫できるドライブコース。

1 明石 魚の棚

総延長約350mのアーケードに100を超える店が軒をつらねる商店街。12:30ごろには卸売市場で競り落とされたばかりの魚が並ぶ「昼網」があり、にぎわいも最高潮に。明石焼きや海鮮を使った練り物の店も多く、食べ歩きも楽しい!

【写真を見る】巨大なタコとデッキブラシで大格闘する写真が撮れるトリックアート/明石 魚の棚

”あかし多幸”の「明石焼」(648円)。 利尻昆布からとった上品なダシで味わう自慢の明石焼きをはじめ、鯛茶漬、タイ焼の3品を、こだわりを持って販売。週末には行列ができる/明石 魚の棚

全ての画像を見る(4件)

明石焼きは外せない。ほかにも「永楽堂 魚の棚店」のぺったん焼き・真だこや「兼一水産」の明石たこやわらか煮なども気になるところ。

NEXT:県道718号線を南東へ。約300m 徒歩4分

2 明石漁師めし 新浜

漁師8人が集まり、明石の新鮮な魚介を気軽に味わってほしいという思いから始めた食事処。捕った魚介は店の生けすに移され、注文に応じてさまざまな料理に姿を変える。魚のうまさを知り尽くした漁師の料理を堪能しよう。

「たこづくし定食」(1620円)。刺身をはじめ、天ぷら、酢の物、蛸めしの上にやわらか煮と、明石ダコを使った料理がズラリと並ぶ/明石漁師めし 新浜

やわらか煮が乗った蛸めしは単品でも注文可。ぜひ食べてみて。

NEXT:国道2号線を南東へ。約5.6km 車で約12分

3 垂水温泉 太平のゆ

明石海峡大橋や瀬戸内海を一望できる海沿いに立つスーパー銭湯。炭酸泉など2種類の人工温泉、薬草風呂、岩盤浴など多彩な風呂があり、極上のリラクゼーションタイムを過ごすことができる。レストランの食事メニューも大充実。

炭酸泉やナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉の人工温泉がある露天風呂。壺湯や寝ころび湯などもある/垂水温泉 太平のゆ

温泉DATA<入館料:750円、土日祝850円 ※岩盤浴利用別途750円(土日祝850円)必要  風呂数:全7種 泉質:人工温泉(炭酸泉あり) 効能:冷え性、肩こり、腰痛、リューマチ、湿疹など アメニティ:ボディソープ、シャンプー、コンディショナーなど無料>

ヒマラヤ岩塩などの岩盤浴や漢方薬草の蒸し風呂などもあり、リラクゼーション効果は抜群。蛸のようにリラックス出来そう。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る