まだ間に合う!グランスタで買える期間限定土産

2018年1月5日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版) 池田織枝

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京駅のエキナカ商業施設、グランスタでは1月14日(日)まで、期間限定でショップ展開をしている。そのショップとは、出店の度に行列が絶えないバターバトラー、皇居外苑、東京百年物語だ。

「JR 東日本おみやげグランプリ」で総合グランプリを獲得した「バターフィナンシェ」(4個入り 864円、8個入り 1620円、12個入り 2268円 、16個入り 3240円)

全ての画像を見る(5件)

バターバトラーを代表する「バターフィナンシェ」(4個入り 864円、8個入り 1620円、12個入り 2268円 、16個入り 3240円)は、世界中の産地から選りすぐったバターで作られたバターが主役のスイーツ。スイス産発酵バターとフランス産ゲランドの塩を使用している同商品は、表はカリッとしているのに、メープルシロップが染み込んだ中はしっとりとした食感に魅了される。

東京百年物語の「焼きキャラメル」(4個入り 680円、6個入り 977円、10個入り 1625円、12個入り 2160円、18個入り 3240円)は、洋菓子ブランドのシーキューブと、あの「森永ミルクキャラメル」のコラボレーション菓子。なめらかで豊かなコクの北海道産マスカルポーネチーズと、北海道産小麦を使用し、しっとり+ふんわりと焼き上げた生地に、「森永ミルクキャラメル」の味わいをイメージしたソースを染み込ませた一品。懐かしく、甘いキャラメルの風味が口いっぱいに広がり、子どもから大人までその味を楽しめる。

和菓子が欲しいという人は、皇居外苑へ足を運んでほしい。“日本の伝統文化や東京らしさ”“素材や品質の良さ”をコンセプトにしたプライベートブランドの同店の顔といえば、「皇居外苑 どらやき」(4個入り 1296円、8個入り 2592円)。生地に菊文様を焼印された同商品は東京土産に最適だ。

バターバトラーは東京駅改札内の地下1階にあるステーションコンシェルジュの前に、東京百年物語、皇居外苑は東京駅新幹線北乗り換え改札口前(改札内1階)に位置する。期間限定の出店となるため、この機会を見逃さずに!

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る