【前売り販売開始】全国の名店が集結!!「名古屋ラーメンまつり2018」開催

2018年1月13日 15:54更新

東海ウォーカー 大塚知伸

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

全国の有名ラーメン店が集結する人気グルメイベント、「名古屋ラーメンまつり」。今年は初の2幕開催されることが決定し、さらにパワーアップ!日本の各地から厳選した16店舗のほか、地元ラーメン情報誌がプロデュースする店舗も参戦する。第1幕は2月2日(金)から2月6日(火)の5日間、第2幕は2月8日(木)から2月12日(祝)の5日間、この合計10日間は久屋大通公園 久屋広場(名古屋市中区)がラーメン激戦区と化す!

過去の会場の様子

全ての画像を見る(3件)

「ラーメンWalker東海」プロデュースによる愛知・岐阜の名店が登場!!

第1幕に登場するのは、ラーメンWalkerグランプリ2016の殿堂入り店「らーめん奏」と同グランプリ2017の愛知総合3位「らぁ麺 飛鶏」によるコラボラーメン!「らーめん奏」自慢の塩ダレと、「らぁ麺 飛鶏」渾身の名古屋コーチンスープを組み合わせた、イベント限定のスペシャルな一杯が完成。実力派店主の本気が炸裂した「名古屋コーチンとホタテの芳醇塩らぁめん」は、第1幕の目玉の一杯だ。

【写真を見る】「らーめん奏」✕「らぁ麺 飛鶏」の「名古屋コーチンとホタテの芳醇塩らぁめん」

第2幕は岐阜の有名ラーメン店筆頭の「麺屋 白神 本店」による、「とろとろ炙り軟骨焼豚入り 白エビ豚骨~北海道干し貝柱バージョン~」が登場!同店の看板メニューの特別版が、名古屋の地で食べられる。ラーメンWalkerグランプリ県別ランキング総合3連覇で殿堂入りしたのは東海エリアで「白神」だけという名店の味を、この機会に味わおう。店主の石神康睦氏は「地元開催なので利益は度外視。皆様への感謝を込めた原価ギリギリの豪華ラーメンです!」と語り、気合いも十分だ!

「白神」の名物メニュー「全部のせえびそば」をイベント用に改良

ラーメンデータバンク代表でラーメン評論家の大崎裕史氏が厳選した、東京や福岡など全国の有名店が集結するほか、東海地区のラーメン情報誌「ラーメンWalker東海」「究極のラーメン東海版」がプロデュースする地元の人気店舗も参戦する「名古屋ラーメンまつり2018」。お目当てのラーメンのみを楽しむもよし、大勢の友達と一緒にさまざまなラーメンをシェアするもよし、楽しみ方は満載だ。大勢の仲間とまつりに参加してラーメンをシェアして、全国から厳選された様々な名店の味を心ゆくまで堪能するのもオススメの楽しみ方の一つだ!2018年1月9日より前売りチケットが販売中。会場でのチケット売り場は混雑が予想されるので、事前に購入しておくのがベターだ。【東海ウォーカー】

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る