グランスタでしか買えない!限定バレンタインスイーツ5選

2018年1月18日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) 池田織枝

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京駅内の商業施設、グランスタ、グランスタ丸の内では1月22日(月)から2月14日(水)まで、バレンタインデーフェアを開催する。

「バレンタイン用のチョコレート菓子を買いたいけど、種類が多くて選べない!」と悩む人も多いのでは?そんな時におすすめしたいのは、グランスタ限定の商品だ。

“見ても食べても楽しい”をモットーとしているフェアリーケーキ フェアの「ベイクドチョコレート」(1500円)

フェアリーケーキ フェア(地下1階改札内)の「ベイクドチョコレート」(1500円)。チョコレート生地に甘酸っぱいラズベリージャムを練り込み、チョコレートがけしたカップケーキが5つ入り。この季節だけの限定商品となり、店内の工房で手作りされている。

キュートなパッケージのチョコレートを求めるならば、かわいく、華やかな缶に惹かれる「カファレルバレンタイン ジョイア」(1620円)。カファレル(地下1階改札内)のチョコレート詰め合わせたもの。アンティークモチーフを使ったデザイン缶は、小物入れなどとしてアフターユーズできるのも嬉しいポイント。

シェアして食べられるチョコレートを求めるならば、アルデュール(地下1階改札内)の「マカロンショコラ」(1944円)を。それぞれ原産国の違うチョコレートのマカロン5種類と、人気のフロマージュフレイズ、マロングラッセ、ポムアールグレイの詰め合わせ。

洋菓子を代表する銀座コージーコーナー(地下1階改札内)からは「シュー・ア・ラ・クレーム(プレーン、チョコ味)」(各216円)。チョコクリームとチョコカスタードが織りなす濃厚で芳醇な味わい。軽い口当たりのシュー皮との相性も抜群で、持ち寄りパーティーにも最適だ。

洋菓子が苦手な相手への贈り物を求めるならば、三原堂本店(地下1階改札内)の「チョコ塩せん」(1350円)。チョコレート×和の味わいで、近年増えているバレンタイン限定商品のひとつだ。塩せんべいにチョコレートがコーティングされたことで、甘しょっぱさが後を引く、一味変わったスイーツとなっている。

「Valentine’s Market in Tokyo Station」をテーマにした同フェアでは、名店のチョコレートだけでなく、友達や家族、同僚へ贈る手軽なチョコレートを販売。駅構内では8時から22時まで購入できるので、急いでいるときや仕事帰りに立ち寄ってほしい。

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る