看板ネコに会いに行こう!三浦&江の島の癒しカフェ

2018年2月11日 14:20更新

横浜ウォーカー 【文=横浜ウォーカー編集部】

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

店横の路地を抜けた先にある、岩場で遊ぶドンちゃん、ミーコ、花子(メス)の3匹。仲良し3匹についていくと、晴れた日には富士山が正面に望める、知る人ぞ知る絶景スポットが現れた

全ての画像を見る(10件)

2月22日は「ネコの日」。ということで、神奈川でかわいい「看板ネコ」に会えるお店を紹介しよう。三崎の城ヶ島にある磯料理店では、店頭でひなたぼっこしているネコたちが、江の島のカフェ&ギャラリーでは人懐っこいネコたちが待っている! のんびり自然体、マイペースなで愛くるしい佇まいに癒されること間違いなし。

4匹のネコたちが店の周りをウロウロ、ゴロゴロ!

【写真を見る】「磯料理 かねあ」の店頭では、ひなたぼっこ中の姿がよく見かけられる。みやげ物店や食堂が軒をつらねる通りで、ついついカメラを向けたくなるかわいさ

「網元かねしち丸」から直送される湘南シラスと、三崎マグロの両方が味わえる城ヶ島の食堂。店内には座敷もあり、広々とした店内だ。ヒラメやカワハギなど地魚も味わえるここでの看板ネコは、もともと島ネコだった4匹。いつも仲良しのネコたちで、店主の尼野さんのあとをついて歩いたり、店の先にある岩場で遊ぶのが好きだとか。店の中には入れないが、外で通行人をなごませてくれる。

ひなたぼっこに勤しむドンちゃん。ぽかぽか陽気で、気持ちよさそうに目を細めている姿がとってもキュート

店の入口にちょこんと座り、通行人を見つめる花子さん

店主・尼野恭嗣さんに抱かれるギーちゃん(メス)は、引っ込み思案で甘えん坊な性格の乙女

釜揚げしらす まぐろ丼(1,390円 味噌汁、漬物付き)

看板メニューは「釜あげしらす まぐろ丼」(1,390円味噌汁、漬物付き)。漬けマグロと塩味が効いた釜揚げシラスがたっぷり。ジモトの人気食材を一度に味わえるおトクなメニューだ。醤油をかけなくても味わえる旨さがウリ!

江の島のカフェ&ギャラリーで自由気ままなネコに会う!

ジジちゃんは超人見知りな看板ネコ

蔵をイメージした外観の「Gallery & Zakka Gigi」では1~2カ月ごとに展示内容を替えるギャラリーも併設されている。ここのお店の看板ネコのジジちゃんは、実は2代目。初代と仲がよかったココくんが、子猫だったジジちゃんを連れてきたのがキッカケ。コチラのニャンコたちも自由気まま。外に遊びに行っていることが多く、滅多に会うことができないとか。ドアを開けて~と、鳴いている姿が見られたらラッキー。ジジちゃんは人見知りのため、ココくんが相手をしてくれるそう。

日替りのキッシュとサラダ、スープ、パンなどが付いて(1,200円)、ドリンク(300円)。この日は5種のキノコとベーコンのキッシュ

人懐っこいココくん

看板メニューのキッシュが楽しめるランチセットは、日替りのキッシュとサラダ、スープ、パンなどが付いて(1,200円)、ドリンク(300円)。キッシュはボリュームがあり、食べごたえ十分! 

1〜2カ月ごとに展示内容を替えるギャラリーも併設。若手作家の作品を多く取り上げているそう

(※ネコたちには必ず会えるとは限りません。また、エサを与えたり、連れて行くなどの行為は絶対に行わないでください)

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る