#アルイテラブル SKE48の江籠裕奈と市野成美がレトロな赤レンガ建物を散策♪

2018年2月23日 11:00更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

SKE48の仲良しコンビが東海各所をゆるっと巡る連載「SKE48のアルイテラブル!2」。メンバーが歩いて、食べて、笑って、踊って(!?)…思わず笑顔になってしまう写真をたっぷりお届け!東海地方の魅力も再発見できちゃうぞ♪今回は、“えごなる”こと江籠裕奈と市野成美が「半田赤レンガ建物」を訪れた。

おしゃれな建物にテンションが上がる“えごなる”
(C)KADOKAWA

全ての画像を見る(14件)

「半田赤レンガ建物」は、明治31年にカブトビールの製造工場として建築。現在は、建物の歴史を紹介する展示室や、復刻したビールを味わえるカフェなどがある。

館内に入ると、大きなカブトビールのディスプレイや明治風の小物、顔出し看板などのフォトスポットがたくさん。さっそく、2人もノリノリで撮影!

【写真を見る】ビールはまだ飲めないけれど…、売り子さんの気分で撮影!?(C)KADOKAWA

「顔出し看板は見つけたらつい写真を撮っちゃうよね」(2人)(C)KADOKAWA

常設展示室(入館料大人200円)では、建物やカブトビールの歴史を、模型や映像、写真などを用いて紹介している。「ここでビールが作られていたんだね」(江籠)、「今いるのはこの部屋かな?」(市野)と、興味津々でジオラマを見つめる2人。

当時の工場を再現したジオラマをまじまじと見つめる2人

戦前、名古屋駅前にあったというカブトビールの看板や、当時ビール瓶を運ぶために使用されたトロッコなども再現されている。

ジブリ映画にも登場したという名古屋駅前の看板を再現したもの(C)KADOKAWA

「当時のもの作りに対する熱意を知ることができるよ」(2人)

館内には、当時の酒屋やビアホールなどを再現した展示も。現代にはないレトロなかわいさに「映画のセットみたい!」と大はしゃぎ!すっかり気分は映画女優!?

「モダンないい女に見えるかな?(笑)」(市野)、「見える見える!」(江籠)(C)KADOKAWA

さらに、ちょうどこの日は「半田赤レンガマルシェ」の開催日!これは毎月第4日曜に、地元・半田や知多半島に縁のある出店者が野菜やスイーツ、アクセサリーなどを販売する人気のマルシェだ。「ステキなお店がたくさん!」(江籠)、「かわいいアクセサリー見っけ♪」(市野)。

館内には30店以上が出店!(C)KADOKAWA

手作りアクセサリーの店で「かわいい!これ欲しいな」(市野)(C)KADOKAWA

展示とマルシェを満喫したあとは、館内の「カフェ ブリック」でランチをすることに。2人がオーダーしたのは、パスタかライスを選べる、季節のソースプレート(850円)だ。このほか、地元半田のフルーツ酢を使用した酢ムージー(450円)も人気なんだとか!

季節のソースプレート(850円)。なるがライス、えごちゃんがパスタをチョイス!(C)KADOKAWA

最後に、ショップでみやげ探し。カブトビールのグッズはもちろん、知多半島の名産品などがズラリと並ぶ。「たくさんあって迷っちゃう!」(江籠)。

ショップにはここでしか買えない限定グッズも!

「半田赤レンガマルシェ」開催日は、屋外にもキッチンカーがずらり(C)KADOKAWA

レトロな建物や手作りの商品が並ぶマルシェなど、おしゃれな雰囲気を満喫した2人。と思いきや帰り道、屋外に出店しているキッチンカーを見つめ「あれ食べたいな…♡」とおねだり。まだまだ帰りたくないみたい…!?

えごちゃんのアルイテ絵日記(C)KADOKAWA

なるちゃんのアルイテ絵日記(C)KADOKAWA

取材・文=前田智恵美/写真=ヤオタケシ

この記事の画像一覧(全14枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る