今しか味わえない!旬のイチゴを使った進化するクレープ

2018年3月14日 19:07更新

東海ウォーカー 達知瑚都海

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

専門店が次々とオープンするなど、クレープに再ブームの予感。アイデア光るメニューの数々は、今までにない見た目にも注目!東海地方の進化するクレープをご紹介!!

女子ウケ抜群!ピンクが映えるガーリークレープ

2017年11月にオープンしたばかりの人気カフェによるクレープ専門店「yebis gogo cafe CREPE WAGON 」(愛知県日進市)。旬のフルーツを贅沢に使ったクレープのほか、食事にぴったりな本格フレンチガレットやスムージーがそろう。デコレーションの豪華さは随一!

4月上旬まで限定スイーツの「ベリーベリー」 (980円)は、イチゴ、ブルーベリー、ラズベリーがたっぷり。マカロンとアメ細工に加え、クレープ生地もピンク色でかわいい!

ベリーをふんだんに使ったクレープは写真映えバツグン

本場フランスのスタイル♪ナイフとフォークで味わう優雅な一皿

「Petit ami cafe」 (静岡県浜松市)は、昼はガレット&クレープの専門店、夜はワインやシードルを楽しめる気軽なフレンチビストロの店。そのなかでも人気の「フルール・ド・クレープ」(950円)は、香ばしくモッチリ感のある生地が美味。中には、静岡県産紅ほっぺの自家製コンフィチュールと生クリーム、バニラアイスクリームが入る。

ナイフとフォークで食べる本場スタイルのクレープ

全ての画像を見る(4件)

クリームチーズがさっぱり!クランブルのサクサク食感

伊勢市の乳製品メーカー、山村乳業がクレープ店「crepe mikke」(三重県伊勢市)をオープン!3月下旬まで限定の「苺のティラミス」(600円)はクレープ生地に、山村乳業の牛乳と松阪市産の卵を使用。ココアのクランブルとイチゴ、クリームチーズを入れて、ティラミス風だ。

【写真を見る】いちごとティラミスがベストマッチ!

フレッシュなクリームの下には大粒イチゴが2粒も!

「クレープハウス アニス」(名古屋市昭和区)のこだわりは、専門店から仕入れる新鮮な果物と、一流パティシエも支持するタカナシ乳業の生クリーム。ミルクの風味が強く、コクがありつつもさっぱりとした味わいが特徴だ。

甘酸っぱさがたまらない大きないちごがぎゅっと包まれている

なかでもイチオシは、3月下旬まで限定の「練乳いちごモンブラン」(620円)。ほんのりピンク色のクリームは、特製のイチゴ生クリーム。トッピングしたドライフランボワーズとピスタチオがいいアクセントになっている。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る