鎌倉に行こう! 日本茶セレクトショップが鎌倉に4月26日オープン!

2018年3月30日 17:00更新

横浜ウォーカー 取材・文/瀧本充広

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

おしゃれに日本茶を楽しむ新しいスタイルの日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS(チャバッカ ティー パークス)」が鎌倉駅前に2018年4月26日グランドオープン!

ビールサーバーやシェーカーなどで抽出する新感覚の日本茶を楽しめる

ビールサーバーから直接注ぐドラフトティー(700円)など、多彩な抽出方法のお茶が楽しめる

全ての画像を見る(6件)

ここでは、さまざまな抽出方法で日本茶が飲めるのがウリ。特にビールサーバーから直接注ぐドラフトティー(700円、COLDのみ)は、見た目はビールのようだが、なめらかな味わいで、これまで飲んだことのないような日本茶が味わえる。このほかにも急須での抽出に限らず、ハンドドリップ抽出、プレス抽出、カクテルを作るようにシェイカーを振って抽出したりと、多彩なスタイルで出してくれるので、いろいろと飲み比べしたくなる楽しさも。

煎茶、釜炒り茶、焙じ茶、抹茶、和紅茶、和烏龍茶、ラテなどのシングルオリジンティーは450円~

煎茶、釜炒り茶、焙じ茶(各800円~)、和紅茶、和烏龍茶(各1,000円~)などさまざまあるお茶は、単一農園・単一品種にこだわり、農家の方と直接契約した高品質の茶葉のみを使用。各産地でしか販売しないような貴重な品種の茶葉もあるので見逃せない。

店内にはフリースペースもあり、イベント開催やギャラリーとして活用

店内にはイートインスペースのほか、ギャラリーやイベントができるフリースペースもあるなど、ゆったりと過ごすことができるのがうれしい。

急須や茶器なども販売する

Tシャツなど、シンプルでオシャレなグッズも販売

CHABAKKA厳選品種3種を毎月自宅に配送するサービスも(3,000円~) 。初回はオリジナル茶缶付き

家でゆっくりと日本茶を楽しみたい人へ、急須や茶器なども販売。また、タンブラーやマグカップ、Tシャツ、トートバッグなどのファッションやライフスタイルアイテムも販売する。

地味な印象のあった日本茶を、カフェ風にオシャレで気軽に飲むことができ、新たな日本茶の魅力を発見できる「CHABAKKA TEA PARKS」。店舗のオープンに先駆け2018年4月9日(月)にはオンラインショップも開設されるので、こちらもチェックしてみよう。

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る