天空に広がる花畑で全身に春を感じる!茶臼山高原〈愛知県〉

2018年4月11日 16:28更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ブルーの空と芝桜が春の高原で共演!茶臼山高原の芝桜をみにいこう。

全ての画像を見る(3件)

標高1415m、愛知県最高峰である茶臼山。愛知県と長野県にまたがるその山は、一年を通して美しい絶景が広がっている。なかでも標高1358mの萩太郎山頂上付近で見られる芝桜は格別だ。春に開催される「芝桜まつり」では、あたり一面に咲き誇るピンクの芝桜が、まるで花のじゅうたんの上にいるかのような気分にさせてくれる。そんな絶景をゆっくり歩きながら眺めたり、観光リフトに乗って約12分の空中散歩に出かけたり、これまでにない特別な体験ができるはず。

【画像を見る】芝桜の丘にあるみはらし台からは、花畑の中に大きなハートマークが!

そのほか、夏は新緑とキャンプやカヌーに川遊び、秋は紅葉狩り、冬は雪景色とスキーなど、季節ごとの景色の中で体を動かして楽しめるのも魅力だ。周辺には道の駅のレストランや日帰り温泉、美術館などもあり、充実した1日が過ごせそう。

【ココから写真を撮ろう】みはらし台から園内をよく眺めてみると…花畑の中に大きなハートマークを発見!観光リフト(片道500円)に乗って撮影するのも楽しい。

【絶景データ】ベストシーズン:5~6月/ベストタイム:10:00~18:00ごろ

毎年5月中旬から6月上旬かけて「芝桜まつり」を開催。5月12日(土)・13日(日)、18日(金)~20日(日)、25日(金)~27日(日)は延長営業となり、ライトアップが楽しめる

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る