熟練の技で一つ一つ丁寧に注がれるクリーミーで濃厚なビール

2018年4月27日 18:01更新

東京ウォーカー 東京ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日比谷サローでは選りすぐりのビールが楽しめる

全ての画像を見る(4件)

昼から夜まで自然に囲まれた日比谷公園内で、ドイツビールやベルギービールなど、選りすぐりのビールが楽しめる日比谷サロー。エーデルピルス、ドラフトギネス、エルティンガーヴァイス、ヒューガルデン、白穂乃香など、夏には最大16種類の樽生ビールがそっている。

「ビールは生ものだからこそ、いい状態で飲んで欲しい。注ぎ方でも味が変わるんです」と、スタッフの工藤さん。専用サーバーから熟練した技を駆使して注がれる一杯は鮮度抜群で、クリーミーな泡と個性を引き出した豊かな風味が味わえる。

【画像を見る】「よりおいしいビールを提供するために、どんなに混んでいても、一つ一つ丁寧に注いでいます」と工藤さん

ビールの数に合わせてサーバーもずらっと並んでいる。世界各国の樽生ビールがそろう

趣きのある一軒家レストラン。自然を感じられるオープンエアの空間で、パラソルが並ぶほか、屋根のあるエリアもある

来年で創業70周年を迎える老舗ビアレストランは、ビール好きなら間違いなく楽しめるお店だ。休日なら、日比谷を散策した後に、テラス席でビールをゆっくり味わいながら日比谷公園の自然を存分に満喫してみるのもいい。スタッフ熟練の技を実際に確かめてみてください。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る