大ヒット「針なしホチキス」に“1か所とじ”のハンディタイプが仲間入り!

2010年5月16日 16:06更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

昨年12月に発売され、針を使わないホチキスとして話題となった「針なしステープラー<ハリナックス>(2穴タイプ)」の新商品が登場する。7月7日(水)、コクヨより発売される「針なしステープラー<ハリナックス>(ハンディタイプ)」(1155円・5色)だ。

昨年登場した、卓上で使う“2穴タイプ”は、年間の売上目標1億円を、わずか2か月で達成し、一時品切れ状態になるなど大ヒット商品となった。そんな中、1か所とじの小型の商品を求める声が多く寄せられ、今回の“ハンディタイプ”の発売に至ったという。

ハンドルを握ると、紙に2か所の切れ込みが入り、U字形に切れ込まれた紙がもう1か所の切れ込みに折りこまれ、ワンアクションで紙がとじられる仕組み。紙をはさみ、片手でハンドルを握るだけでコピー用紙最大4枚を1か所で簡単に留めることができる。今回はとじ穴を確認できる確認窓付きで、“とじミス”が減るよう使いやすさを追求。また、手のひらに収まるサイズで、机の引き出しへの収納も可能になったスマートなデザインだ。

「鮮やかなカラー展開と紙を縫うように留めるユニークな機構をぜひお試しください」と開発担当の青井宏和さん。

針を外す必要がないので、まるごとシュレッダーにかけられ、針によるケガも防げて安全。学校や病院、食品などの安全性が求められる企業だけでなく家庭用としても販売し、年間売上2億円を目指す同商品。オフィスで、家庭で、活躍すること間違いなさそうだ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る