九州各地の“カワイイ”器をゲット!わざわざ買いに行きたい話題のショップ7選

2018年5月18日 17:30更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

九州各地には、陶器をそろえる話題のショップがたくさん。その土地ならではのすてきな器を求めて、ちょっと遠出してみてはいかが?

大分にこだわった工房や作家ものをセレクト「SELECT BEPPU」

「SELECT BEPPU(セレクト ベップ)」は、町とアートをつなぐアートNPO「BEPPU PROJECT」が運営するミュージアムショプ。地元作家のアート作品を中心に、大分の素材や技術と、現代の文化が融合したものを紹介している。2階に展示されているマイケル・リンの襖絵も必見だ。 

「 臼杵焼」の「白磁輪花プレート」(6480円)、「白磁輪花菊花鉢」(5940円)、「白磁輪花菊花皿」(3024円)

全ての画像を見る(17件)

ひと際目を引く、美しいデザインが魅力のシリーズは、江戸後期、わずかな作陶活動後、廃窯となった幻の“臼杵焼”を「現代版」として復活させたもの。「白磁輪花プレート」(6480円)や「白磁輪花菊花鉢」(5940円)、「白磁輪花菊花皿」(3024円) などをそろえる。

「wakako ceramics」の「うみいろボウル」(4968円) 、「水のタンブラー」(3024円)、「アイスカップ」(3888円)

また、“美しく使いやすい器”にこだわる大分の陶芸作家・坂本和歌子が手がける「wakako ceramics」の「アイスカップ」(3888円)、「水のタンブラー」(3024円)、「うみいろボウル」(4968円) も人気だ。

[SELECT BEPPU]大分県別府市中央町9-34 / 0977-80-7226 / 11:00~18:00 / 火曜(祝日の場合営業)休み

九州の作家ものも多数!「うつわ屋Living&Tableware」

「青のラピス」と「黄色のミモザ」シリーズ。「ミモザはな楕円皿」(S2160円、M2916円、L3780円)他

食器を中心に常時約数千点の焼物などを扱う生活雑貨店「うつわ屋Living&Tableware(リビング アンド テーブルウェア)」。九州で活動する作家ものを多く取り扱っている。30坪ほどの店内には、「ミモザはな楕円皿」(S2160円、M2916円、L3780円)など、 常時数千点もの器と雑貨が並ぶ。

「マグカップ(ルリ・灰)」(各2160円)、「輪花しのぎ4寸皿(ルリ・灰)」( 各1728円)

シンプルな“しのぎ”の模様が印象的な「マグカップ(ルリ・灰)」(各2160円)、「輪花しのぎ4寸皿(ルリ・灰)」( 各1728円)も必見だ。

[うつわ屋Living&Tableware(うつわや リビング アンド テーブルウェア)]熊本県合志市幾久富1647-240 / 096-248-8438 / 11:00~19:00 / 水曜休み

今すぐ家に持って帰りたい!ハイセンスな器がそろう「224 shop+saryo」

「224 shop+saryo(224ショップサリョウ)」は、肥前吉田焼のブランド「224porcelain(ポーセリン)」の窯元オリジナルショップ。伝統的技法を生かし機能やデザインにこだわった器はどれもハイセンスなものばかりで、目を見張る。白をメインに単色使いの器が多く、日常生活に溶け込みやすい。

「Tata」のティーセット「マグ」(2430円)他

イチオシは、「Tata」の“鳥”をイメージしたティーセット。家族や日常の愛情を表現している。また、醤油を注ぐとおにぎりの形が浮かび上がる「おにぎり(黄・白)」(各918円)も好評だ。

「おにぎり(黄・白)」(各918円)。醤油を注ぐとおにぎりの形が浮かび上がる

「おにぎり(黄・白)」(各918円)

[224 shop+saryo(224ショップサリョウ)]佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙909-1 / 0954-43-1220 / 10:00~16:00、土曜・日曜・祝日~18:00 / 水曜休み

人気のオリジナル商品が勢ぞろい「natural69」

【写真を見る】波佐見焼・有田焼から“日常使いのちょっといい器”をセレクトする「natural69」。「Swatch」の「長角皿」(1080円)

波佐見焼・有田焼から「日常使いのちょっといい器」をセレクトする「natural69(ナチュラルロック)」。モダンでかわいいオリジナル商品は、見ているだけで心が弾む。

「Swatch」の「カップ」(864円)

「cocomarine 正角皿M」(1296円)

大人気の「Swatch」は、シンプルなパターン柄で、料理映えもするシリーズ。「カップ」(864円)、「長角皿」(1080円)などが並ぶ。また、海の生物たちのユニークな表情に心がほころぶ「cocomarine 正角皿M」(1296円)も即買いしたくなるアイテム。

[natural69]長崎県東彼杵郡波佐見町村木郷2311 / 0956-85-3427 / 9:00~17:00 / 土曜・日曜・祝日休み

焼物工場を改装したギャラリー「南創庫」

「sabato」の「mug ソーレ」(3024円) 。Sabatoイラストは太陽がモチーフ。温かみのある色と形が特徴

波佐見焼の製陶所だった西の原エリア。古い建物をリノベートした店内には、デザイナーやイラストレーターとコラボしたデザイン性の高い器から、使いやすさにこだわった食器までずらり。

「essence」の「es ライスボウル青磁釉」(1296円)

「essence」の「es ライスボウル青磁釉」(1296円) は、色や柄のバリエーションも豊富。他にも、遊びゴコロあふれるアイテムが多数並ぶ。

[南創庫]長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4 / 0956-76-7214 / 11:00~18:00 / 水曜休み

毎日使える有田焼と波佐見焼を提案「KIHARA ARITA 本店」

有⽥焼・波佐⾒焼の伝統的技術を生かした現代的な器を開発しているキハラの直営ショップ「KIHARA ARITA 本店」。日本の伝統紋様をモダンにアレンジしたKOMONシリーズや、食卓で使いやすいキッチンツールSITAKUシリーズなど、毎日使いたくなる器がいっぱい。

「KOMON」の「豆皿 波千鳥」(648円)、「取皿 麻の葉」(864円)、「大皿 小菊」(3024円)

「KOMON」の「豆皿 波千鳥」(648円)、「取皿 麻の葉」(864円)、「大皿 小菊」(3024円)は、気軽に毎日の生活に取り入れられるデザイン。豆皿のバリエーションも多彩にそろう。

「SITAKU」の「すり鉢」(1620円)

また、「道具として使える器」がコンセプトのキッチンツール「SITAKU」の「レモン絞り」、「すり鉢」(各1620円)も、押さえておきたい。

[KIHARA ARITA 本店]佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙2351-169 Arita Será(旧 有田陶磁の里プラザ) / 0955-43-2325 / 9:30~17:30 / 無休

インテリアとしても使える!ラグジュアリーでモダンな有田焼「アリタポーセリンラボ 旗艦店」

「JAPAN CHERRY」の「多用鉢 ヤエ」(3240円)

日本の磁器発祥の里・有田で、シンプルモダンを追求したブランド「アリタポーセリンラボ 旗艦店」。1804年創業と歴史ある窯元「弥左ヱ門(やざえもん)窯」の7代目が現代のライフスタイルに合わせて展開する器は、斬新なデザインや独自の彩りを施すなど、今までにないラグジュアリーさで人気を博している。

「ようじ入 独楽筋」の「呉須(ごす)」(左・2700円)、「朱」(右・2700円)

「JAPAN CHERRY」の「多用鉢 ヤエ」(3240円) 。熟練の職人の手仕事ならではのパールピンクが上品だ。「ようじ入 独楽筋」の「呉須(ごす)」(左・2700円)、「朱」(右・2700円)は、シンプルでスタイリッシュな爪楊枝入れ。

[アリタポーセリンラボ 旗艦店]佐賀県西松浦郡有田町上幸平1-11-3 / 0955-29-8079 / 11:00~17:00、カフェ~16:00 / 火曜休み

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る