夏をあでやかに彩る!首都圏から行けるフラワースポット3選

2018年7月1日 18:00更新

東京ウォーカー ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ユリやペチュニア、ダリアなど夏の花はほかにもたくさん!満開に合わせて行われるイベントや手作り体験も一緒に楽しもう。

夏期限定! 日本最大級の「ゆり博」開催「ハンターマウンテンゆりパーク」

カサブランカやオリエンタルハイブリッドなど、50種類400万輪が開花。全長1000mのフラワーリフトに乗ると、眼下にユリの絨毯が広がる。リフトを降りると最長2㎞にも及ぶユリ遊歩道が。開園時には「ゆり博限定 花咲くしおり」がもらえるスタンプラリーなどのイベントも開催。

<開園時期:7月14日(土)~8月26日(日)>

ユリと白樺のコントラストが美しい白樺の丘。遊歩道になっているのでのんびり散策を

全ての画像を見る(3件)

ほかでは見られない貴重な花畑「マザー牧場『花の谷』」

東京湾や富士山の雄大な景色が見渡せる鹿野山に位置する観光牧場。「桃色吐息」はペチュニアの改良品種で、南房総出身の園芸家・杉井明美氏と千葉大学との共同開発で生まれた。鮮やかなピンクの花を咲かせる。

<開花時期:5月中旬~9月中旬>

【写真を見る】「食の体験工房」では、チーズやバターの作り方を学び試食ができる

東海エリア最大級30000株のダリア「ぐりんぱ『天空のダリア祭り』」

約30000株のダリアをはじめ、コスモス、マリーゴールドが咲き誇る花のイベント。さまざまな色の花を咲かせるダリアに囲まれて写真が撮れるフォトスポットも充実。壮大な富士山とダリアの共演は一見の価値あり!

<開催期間:7月14日(土)~10月8日(祝)>

大自然の中、屋外で体を使って遊べる遊園地「ぐりんぱ」もあり。立体カラクリ迷路「ココドコ」では、2種類のコースにチャレンジできる

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る