新源泉「うるおいの湯」など館内で湯巡り!淡路島・洲本に1/26開湯「ホテル ニューアワジ」

2018年6月5日 13:27更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

淡海峡を望む人気温泉ホテルで、2018年1月には新源泉「うるおいの湯」も開湯! 淡路島の原風景の棚田をイメージした「淡路棚田の湯」&古事記をモチーフにした「くにうみの湯」のスパテラス水月や屋上貸切露天風呂「夢風泉」、別亭の淡路夢泉景 湯賓閣「天宮の雫」などは、日帰り利用も可能。館内で湯巡りを。<※情報は淡路島Walker2018-19(2018年5月25日発売号)より>

洲本温泉の新源泉!美肌効果もアリ

洲本温泉の新源泉「うるおいの湯」が1月26日に開湯。地下1500mから湧き出る源泉は毎分300ℓと湯量も豊富で美肌効果も。洲本の11の旅館&ホテルで楽しめる。

「天宮の雫」の露天風呂

全ての画像を見る(5件)

ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景の湯賓閣「天宮の雫」の露天風呂。

スパテラス水月の「淡路棚田の湯」

「天宮の雫」の展望露天風呂

まるで海につかっているような気分になれる「天宮の雫」の展望露天風呂。

プラザ淡路島にも「南あわじ温泉」が開湯!

南あわじにあるホテルニューアワジ プラザ淡路島で湧き出した「南あわじ温泉」。4月26日に同ホテルの温泉施設「夕映えの湯」での運用がスタート。

展望露天風呂「夕映えの湯」

鳴門海峡を一望できる天空のスパ 展望露天風呂「夕映えの湯」。

ホテルニューアワジ&淡路夢泉景

洲本の海岸沿いに立つホテルニューアワジ&淡路夢泉景。それぞれがつながっており、館内で湯巡りが可能。

淡路島・洲本「ホテル ニューアワジ」住所:兵庫県洲本市小路谷20 電話:0799-23-2200 時間:日帰り入浴12:00〜21:00※淡路夢泉景 湯賓閣「天宮の雫」は〜16:00(最終受付) 休み:なし 料金:入浴料1800円、湯巡りセット2500円 駐車場:200台(無料) アクセス:神戸淡路鳴門自動車道洲本ICより車で15分

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る