墨田川を眺める特等席!スカイツリーを眺めながらクラフトビールで乾杯

2018年6月12日 19:00更新

東京ウォーカー 東京ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

クラフトの街として注目を浴びつつある蔵前。隅田川沿いにある「ボン花火」は、昼は和食中心の定食屋、夜は鉄板焼き居酒屋として近隣のサラリーマンから観光客まで、蔵前を訪れる人たちの胃袋を支えてくれる人気店。

定番メニューは甘さ控えめな豚玉

キリッとした豚玉(918円)と、焼きしゃぶサラダ(777円)

全ての画像を見る(3件)

定番メニューは豚玉(918円)。たくさんの種類を楽しめるようにちょっと小さめで、キャベツに対して小麦粉の使用を最小限に抑えた軽めの仕上がり。お酒と一緒に楽しめるように甘さ控えめのソースを使用しているのも嬉しいところ。

店内は全86席と広く、鉄板焼きの醍醐味とも言えるヘラさばきを間近で眺めることができるカウンター席から、落ち着いて会話を楽しめる2階席まであるため、おひとり様からグループでの利用まで、様々なシチュエーションで活躍してくれる。

【写真を見る】京都の川床をイメージして作られたオープンエアのテラス席「かわてらす」

「ボン花火」の2階席はのれんで穏やかに区切られた空間のため、落ち着いて食事を楽しめる

なかでも女子会やコンパでおすすめなのが、2階の「かわてらす」。オープンエアのテラス席は、東京スカイツリーをバックに隅田川を行き交うお座敷船を眺められる特等席だ。

川を渡る風を浴びながら自慢のお好み焼きに箸を伸ばし、生のクラフトビールで喉を潤せば、会話も弾むこと間違い無しだ。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る