九州屈指のパワスポ!宮崎・高千穂を満喫するドライブスポット5選

2018年6月12日 17:30更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

九州屈指のパワスポをはじめ、神秘的な自然が広がる宮崎の高千穂。夏の深い緑を感じるドライブで、パワーチャージをしよう。

緑の峡谷美に心なごむ「高千穂峡」

「高千穂峡」。日本の滝百選にも選ばれた「真名井の滝」に、ボートで近づくことも可能

全ての画像を見る(11件)

阿蘇山の火山活動で噴出した火砕流が侵食されてできた断崖が約7km続く「高千穂峡」。日本の滝百選にも選ばれた落差17mの「真名井の滝」に、ボートで近づくことも可能だ。7月中旬~9月下旬は、夜間ライトアップを実施する。

[高千穂峡]宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井 / 0982-73-1213(高千穂町観光協会) / 遊覧ボート 8:30~17:00(最終受付16:30) / 増水時休み

歴史の神秘を体感「天岩戸神社/天安河原」

【写真を見る】「天安河原」の一角にある、間口30mの大洞窟「仰慕ヶ窟」。神々が集まって神議(かむはかり)したと伝えられる

岩戸開きの神話に縁のある神社「天岩戸神社/天安河原」。西本宮は天照大神(あまてらすおおみかみ)が姿を隠した洞窟「天岩戸」が御神体で、遥拝所から参拝ができる。八百万(やおろず)の神が集まり、相談したとされる「天安河原」は徒歩10分ほど。

「天岩戸神社」。岩戸川をはさんだ西本宮と東本宮の2社からなる。境内には古代イチョウなどの大木が茂る

「天安河原」では、祈りながら石を積むと願いが叶うという信仰や習わしがある。洞窟の周りには無数の石積みが見られる

[天岩戸神社/天安河原]宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073(天岩戸神社) / 0982-74-8239(天岩戸神社) /参拝自由

ローカル線のロマンと名湯を楽しもう「日之影温泉駅」

「日之影温泉駅」。ホーム部分にある「癒しの足湯」は無料で利用可能。11:00〜17:00

現在は廃線となっている、旧高千穂鉄道の駅構内に設置された温泉施設「日之影温泉駅」。湯舟は2階にあり、五ヶ瀬川と鉄道のレールを見下ろせる。また、食事処や直売所、TR鉄道資料館も併設。列車を改装した「TR列車の宿」も人気だ。

「日之影温泉駅」。外観は列車そのもの。1〜4人部屋で6室あり

[日之影温泉駅]宮崎県西臼杵郡日之影町七折3235-5 / 0982-87-2690(日之影温泉駅)、0982-87-2600(TR列車の宿) / レストラン11:00~14:30(LO)、16:00~19:30(LO)、温泉10:00~20:30 / 月曜休み(祝日と8月第1、2、3月曜は営業)

山菜料理でデトックス「山の学校レストラン 菜膳」

「山の学校レストラン 菜膳」の「ランチ」(1400円)。焼物や煮物など、約11種類の料理が並ぶ

廃校になった小学校跡地を利用した完全予約制の食事処「山の学校レストラン 菜膳」。高千穂の山菜や野草、畑野菜を中心とする食材を多彩なアイデアで調理。その日摘んだ野草の天ぷらや郷土料理「あく巻」など、滋味に富むメニューが楽しめる。

[山の学校レストラン 菜膳]宮崎県西臼杵郡高千穂町向山1232 / 080-5200-1831 / 11:00~14:00(要予約) / 不定休

神秘の牛に舌つづみ「高千穂がまだせ市場」

「高千穂がまだせ市場」。直売所「鬼八の蔵」では、高千穂産の野菜や加工品などを販売する。味が濃く甘いと評判だ

ミートセンターでは、子牛生産から肥育まで地元で一貫して行われた高千穂牛を販売する「高千穂がまだせ市場」。新鮮な野菜や農産加工品が豊富にそろう直売所も併設する。高千穂町の情報を発信する案内所もあり、観光の拠点としても便利だ。

[高千穂がまだせ市場]宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1099-1 / 0982-73-1831 / 直売所9:00~18:00、食事処11:00~14:30、17:00~21:00 / 不定休、食事処・ミートセンター第2水曜休み

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る