1000匹の金魚が舞う全長100メートルの金魚空間!「東京金魚ワンダーランド2018」開催

2018年6月28日 13:00更新

東京ウォーカー(全国版) 小倉実咲

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京スカイツリータウン内にあるすみだ水族館は、6月30日(土)から9月30日(日)までの期間、日本の夏の風物詩である金魚約1000匹を集めた夏まつり「東京金魚ワンダーランド2018」を開催する。

日本の夏の風物詩である金魚約1000匹を集めた夏まつり「東京金魚ワンダーランド2018」が開催!

日本の夏の風物詩である金魚約1000匹を集めた夏まつり「東京金魚ワンダーランド2018」が開催!

すべての画像を見る(5件)

「東京金魚ワンダーランド2018」は、100個の金魚ちょうちんの明かりで照らされた全長約100メートルの日本最大級の金魚展示エリア。色も形もさまざまな約20品種、約1000匹の金魚が展示される。黄色、茶色、青など、変わった色の金魚たちを見比べる「金魚いろくらべ」などの特別展示も登場する。

【写真を見る】すみだ水族館で金魚約1000匹を集めた夏まつりが開催!

【写真を見る】すみだ水族館で金魚約1000匹を集めた夏まつりが開催!

また、アメリカやイギリス、中国など世界各地で長い時間をかけて掛け合わされ、生み出されてきたさまざまな品種の金魚の紹介とともに、同じ土地で生まれたビールが販売され、世界中の金魚に囲まれながらビアホールのように過ごせる「世界の金魚ビアホール」が開催される。

世界中の金魚に囲まれながらビアホールのように過ごせる「世界の金魚ビアホール」も開催される

世界中の金魚に囲まれながらビアホールのように過ごせる「世界の金魚ビアホール」も開催される

他にも、館内のカフェでは金魚をモチーフにしたメニュー「金魚ソーダ~金魚鉢付き~」(750円)と「金魚ソフトクリーム」(360円)が販売される。「金魚ソーダ~金魚鉢付き~」は、金魚をイメージしたフルーツカクテルとベリーを入れた、爽やかな甘さのドリンク。金魚鉢からすくって食べる楽しさを味わえる、かわいくて楽しい期間限定メニューだ。さらに、金魚鉢型の容器は持ち帰り可能。「金魚ソフトクリーム」は、金魚の赤をイメージしたラズベリー味のソフトクリームだ。

金魚鉢型の容器は持ち帰り可能!「金魚ソーダ~金魚鉢付き~」(750円)

金魚鉢型の容器は持ち帰り可能!「金魚ソーダ~金魚鉢付き~」(750円)

この夏は、すみだ水族館で日本の夏を彩る金魚の魅力に触れてみてはいかが?

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る