SPECIAL OTHERS「“音は楽しい”と伝える手段は、 結局、音楽しかないと思うんですよ」インタビュー at NAGOYA

2018年6月29日 20:11更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

人気インストゥルメンタルジャムバンドたるSPECIAL OTHERSが、アコースティックプロジェクト・SPECIAL OTHERS ACOUSTIC(以下SOA)名義の2作目を発表。名古屋を訪れたメンバーに話を聞いた。

人気インストゥルメンタルジャムバンド、SPECIAL OTHERSの柳下武史(左)と芹澤優真(右)
photo by 古川寛二/(C)KADOKAWA

すべての画像を見る(3件)

【写真を見る】2ndアルバム「Telepathy」に込められた思いとは?photo by 古川寛二/(C)KADOKAWA

――SOA名義では2作目ですが、前作からの活動を振り返り、変化は感じますか?

芹澤優真(以下S)「エレクトリックの簡易版ではなく、『SOAをバンドとして確固たるものに』という気持ちで作りました。アコースティックだけどオレらの音楽として踊れる、みたいな」

――「WOLF」という曲が今回のアルバムを象徴していると感じました。

柳下武史(以下Y)「今回の制作の最後に録った曲です。いろいろな曲が完成したあとなので、無理に『こういうのを当てはめよう』というのはなかったかな」

S「手拍子を入れてみたり、ギターを2本にしてみたり。そういう自由な表現ができているのもSOAならでは、だと思います」

――「WOLF」「STEADY」はチェコ・プラハで撮影されたミュージックビデオも公開されています。なぜプラハを選んだのですか?

S「どうにかして海外旅行に行きたいから、『ミュージックビデオを海外で撮りたい』って思ったことがすべて(笑)。プラハも特に意味はなくて」

Y「音楽だから、『仕事でやってます』よりも、『楽しくやってます!』って行動する方が見ている人も楽しいはず。だからプラハも、ただただ楽しみました(笑)」

――アルバムタイトルの「Telepathy」には、どんな意味が込められていますか?

S「“テレパシー”っておもしろくて、誰も存在を知らないのに、当たり前のようにみんなが理解しているんですよね。それって音楽も同じ。暗い音を聴いたら暗い気持ちになるし、明るい音を聴いたら心も晴れやかになる。テレパシーと音楽、どちらも理屈や分析では説明できないものがあると思うんですよ」

――SOAがテレパシーで伝えたいことは?

2ndアルバム「Telepathy」

S「音と同時にメッセージ(言葉)を伝える、そんな曲もアリだとは思います。一方でオレらは“楽しい”というのを、“音”あるいは“楽曲”だけで伝える。言葉を使わずに伝えるという意味で、テレパシーという感覚が強いのかもしれません」

――開催中のリリースツアー、7月7日(土)の名古屋公演が楽しみです。

Y「オレらも楽しみですね。『名古屋の人はお祭り好きなのかな』って感じるくらい、いつも盛り上がりますしね!」

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る