池袋のプラネタリウム“満天”がリニューアル!進化系花火ショーとコラボしたSPプログラム上映イベントを開催

2018年7月7日 7:00更新

東京ウォーカー(全国版) 安藤康之

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

都心にいながらにして、宝石をちりばめたような星空を楽しむことができる人気のお出かけスポット、池袋の「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」(以下“満天”)。

同施設が6月30日にリニューアルオープンしたのを記念して、超最新の撮影技術&プロジェクションシステムを駆使したエンタメショー「STAR ISLAND IN PLANETRIUM」が、7月16日(月・祝)まで上映される。夏本番を迎える今、屋内施設“満天”で行われるこのイベントは、避暑を求める人にまさにうってつけといえそうだ。

頭上に広がる360度全天ドームスクリーンを使って上映される「STAR ISLAND IN PLANETRIUM」。全ての席が特等席といえる

頭上に広がる360度全天ドームスクリーンを使って上映される「STAR ISLAND IN PLANETRIUM」。全ての席が特等席といえる

すべての画像を見る(10件)

トップアーティストとのコラボ作品など、他とは一線を画すエンターテインメント性にあふれたプログラムを大迫力映像&臨場感のある音楽と共に上映している“満天”。

【写真を見る】雲をイメージしたふかふかの雲シートはカップルにおすすめ。デートプランに組み込んでみては

【写真を見る】雲をイメージしたふかふかの雲シートはカップルにおすすめ。デートプランに組み込んでみては

「STAR ISLAND 2018」では総数1万2000発もの花火が打ち上げられた

「STAR ISLAND 2018」では総数1万2000発もの花火が打ち上げられた

今回題材となった「STAR ISLAND」は、「One」をテーマにした新感覚イベント「STAR ISLAND 2018」として5月26日にお台場海浜公園で開催されたものがベースになっている。

章ごとにそれぞれEarth・World・Chaos・Love を表現し、地球誕生から人類の行く末までを描く壮大なストーリーを、日本伝統の花火に3Dサウンドや光、ショーパフォーマンスを融合させ、唯一無二の世界観で描かれた同イベント。チケットは早々にソールドアウトとなり、当日訪れた1万5000人を魅了させたキラーコンテンツなのである。

「STAR ISLAND」はもう一つの世界“パラレルワールド”で地球の誕生から人類の未来までを旅する壮大なストーリー

「STAR ISLAND」はもう一つの世界“パラレルワールド”で地球の誕生から人類の未来までを旅する壮大なストーリー

そのお台場海浜公園から“満天”の全天周ドームへと場所を移し、内容を昇華させたのが今回のナイトイベント「STAR ISLAND IN PLANETARIUM」だ。日本のミュージックシーンを牽引するエイベックス・エンターテインメントと、劇場映画やアニメーション、CGなどの映像制作を手掛けるROBOTによって、室内ならではのオリジナリティあふれる演出、構成に仕上がった。

花火とサウンドのシンクロが最高潮となるグランドフィナーレはまさに圧巻!

花火とサウンドのシンクロが最高潮となるグランドフィナーレはまさに圧巻!

人工芝に用意された芝シート。芝生の上で寝転び、夜空を見上げているような開放的なシチュエーションでプラネタリウムを楽しめる

人工芝に用意された芝シート。芝生の上で寝転び、夜空を見上げているような開放的なシチュエーションでプラネタリウムを楽しめる

映し出されるド迫力の映像は、ROBOTの8K/4K・360度カメラなどの超最新技術を駆使して撮影。リニューアルを機に導入された6台構成のレーザープロジェクターによるマルチプロジェクションシステムで、臨場感のある鮮やかな映像を頭上の全天ドームスクリーン一面に投影する。それは室内空間にいることを忘れさせ、異世界に飛び込んだような不思議な感覚が味わえる特別なものだ。

宇宙の始まりとされるビッグバン。ここから壮大なストーリーはスタートする

宇宙の始まりとされるビッグバン。ここから壮大なストーリーはスタートする

また、自然で美しい星空を追求した“満天”の光学式投影機「Infinium Σ(インフィニウム シグマ)」が創り出すリアルな宇宙空間も必見。各テーマに関連する宇宙の成り立ちからその先までを表現したダイナミックな映像によって、まるで映画のような作品を体感することができる。圧倒的な世界に引き込まれていくこと間違いなしだ。

花火やサウンド、光、さらにはパフォーマーが連動して独特な世界観が作られる

花火やサウンド、光、さらにはパフォーマーが連動して独特な世界観が作られる

通常のプラネタリウムとはひと味もふた味も違う極上のエンターテインメントを、“満天”でぜひ堪能してほしい。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る