ガッツリ系なごやめしの代表・あんかけスパの老舗「ユウゼン」の魅力

2018年7月25日 12:48更新

東海ウォーカー 桑山 栞

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

なごやめしガッツリ系代表・あんかけスパ。ラードで炒めた極太麺と、ピリッとスパイシーなソースが相まって、食べれば食べるほどクセになる人も多い。これを食べずに名古屋観光を終えるのはもったいない!マイルド&コク深いソースが地元の人にも人気の老舗、ユウゼンの魅力を紹介しよう。

あんかけスパゲティに惚れ込んで開業

1972(昭和47)年に栄の飲食街・住吉エリアで創業。ステーキ店で働いていた創業者は、「そ〜れ」や「ヨコイ」といったあんかけスパ「元祖」の店の味に魅了されたことがきっかけで開業した。試行錯誤を繰り返し完成したあんかけソースは、今もなお地元の人々に愛されている。

キャラクターのユウちゃんが描かれた、黄色い看板が目印!お店は地下にある

キャラクターのユウちゃんが描かれた、黄色い看板が目印!お店は地下にある

すべての画像を見る(5件)

【写真を見る】ミックス(850円)。フレッシュトマトの酸味が口の中に広がってさっぱり。具沢山で食感や味の変化も楽しめる

【写真を見る】ミックス(850円)。フレッシュトマトの酸味が口の中に広がってさっぱり。具沢山で食感や味の変化も楽しめる

木の温もりを感じる、落ち着いた雰囲気の店内。女性のお一人様向けのカウンター席あり

木の温もりを感じる、落ち着いた雰囲気の店内。女性のお一人様向けのカウンター席あり

2週間かけて作られるコクが決め手のソース

一般的にピリ辛ソースの味が先行しがちなあんかけスパだが、ユウゼンはソースをマイルドに仕上げており、子どもでも食べやすいと人気だ。このまろやかソースの隠し味となるのが、沖縄県産塩・青い海のシママース。長時間熟成させたソースは完成までに2週間を要し、コクが深く野菜の甘味が際立っている。

また、カレーソースにも注目したい。ほんのりスパイシーながら、小麦粉でとろみをつけることによって口ざわりは柔らか。大人も子どももパクパク食べ進んでしまううまさがある。

カレーソースがたっぷりかかった、カラアゲインディアン(910円)

カレーソースがたっぷりかかった、カラアゲインディアン(910円)

ツナマヨポパイ(850円)。ホウレンソウ、ベーコン、ツナにマヨネーズたっぷり。ニンニクが隠し味

ツナマヨポパイ(850円)。ホウレンソウ、ベーコン、ツナにマヨネーズたっぷり。ニンニクが隠し味

雨の日はラッキー!女性向けのおトクなサービスも

雨の日に来店すると、全メニューが50円引きになるサービスが人気だ。開店前の10:00~11:00頃に雨が降っていれば、その日の11:00〜14:00に来店することで割引が受けられる。雨の中での観光になっても、ちょっとしたおトク感が味わえる。

また、毎日13:00〜17:00まで女性限定のセットメニュー(950円)もあり。ミニサイズのあんかけスパにスープとサラダとドリンクがつく。ランチタイムを避けたい人、休憩時間が遅めの働く女性たちにも人気のサービスだ。

辛いのが得意な人には、特製のハバネロソースがオススメ。ソースの味を邪魔しない、辛さのちょい足しができるマル秘アイテムだ。そのボリューム感から中華料理と勘違いする人もいるというあんかけスパ。ガッツリ食べつつ、味わい方もバリエーション豊かなユウゼンにぜひ足を運んでみよう。

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る