霧の摩周湖で神秘的な雲海を見たい! 避暑地・北海道で湖リゾート

2018年7月11日 11:00更新

北海道ウォーカー 山崎伸子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日差しが照りつける暑い夏、避暑地でゆったりと夏休みを過ごしたいという人にオススメな北海道。なかでも都会の雑踏を忘れさせてくれる、道東での湖リゾートはいかがでしょう? なかでも霧が覆い尽くすミステリアスな湖として知られる摩周湖がオススメ。早朝だと、神々しい雲海を見られることもあるそうです。

限りなく透明なブルーを求めて摩周湖へ

道東エリアの人気観光スポットである摩周湖は、なんといっても世界屈指の透明度がすばらしいです。湖へ流入する川がなく、不純物が混じらないことから、澄んだブルーの色が保たれています。周囲は険しい断崖に囲まれ、湖面を霧が覆い尽くす神秘的な光景から、「霧の摩周湖」という異名もあります。

澄み切ったブルーの摩周湖に感動

全ての画像を見る(5件)

早朝は雲海を見られるチャンス!

天候に恵まれた早朝であれば、美しい雲海を見ることもできます。狙い目は標高が高く、霧に包まれることが少ない摩周湖第3展望台です。振り返れば、屈斜路湖の雲海とダブルで楽しむことができるかもしれませんよ。雲海は夜明けごろに発生するので、日の出の時間をチェックしてくださいね。

早起きして早朝の雲海を見に行きたい

雲海を見るのなら摩周湖第3展望台へ

摩周湖第3展望台 ■住所:弟子屈町弟子屈原野 ■時間:見学自由 ■料金:無料 ■休み:冬期 (11月下旬~翌年4月上旬)

ブレイクタイムには「摩周ブルー」のソフトを!

摩周湖を堪能したあとは、摩周湖第1展望台のすぐ下にある摩周湖レストハウスを訪れて。ここは、摩周湖のお土産なら何でも揃っているスポットで、地元産のお土産からテイクアウトグルメなどが楽しめます。

なかでも押さえておきたいのが、摩周湖の湖面をイメージして作られた、涼しげな青いソフトクリーム「摩周ブルーソフト」(300円)。摩周湖を望みながら味わうソフトクリームの味は格別です!

青いソフトクリーム「摩周ブルーソフト」(300円)

摩周湖レストハウスにはお土産も揃っている

摩周湖レストハウス ■住所:弟子屈町弟子屈原野 ■電話:015・482・1530 ■時間:8:00~18:00 ■休み:なし

道東エリアには、摩周湖のほか、屈斜路湖や阿寒湖など、風光明媚な湖がたくさんあります。力強い夏の海も魅力的ですが、今年はぜひ、たおやかで涼し気な湖巡りを堪能してみては。このエリアはパワースポットにもなっているので、夏バテの方はパワーも充電できそうです。【北海道ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る