ディズニーデザインのトミカ230台以上が集結!ソラマチ「ディズニーモータース」10周年展の見どころ紹介

2018年7月10日 18:40更新

東京ウォーカー(全国版) 国分洋平

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ディズニーとタカラトミーの「トミカ」がコラボした「ディズニーモータース」シリーズが発売されてから今年で10周年。これまでに全230種以上を発売し、国内・アジア累計で販売台数が約1100万台を突破した人気のシリーズだ。東京スカイツリータウン・ソラマチでは、10周年を記念した展示イベント「D-MOTORS SQUARE」が7月11日(水)から24日(火)まで開催。一足先に会場に運んだ編集部が、イベントの見どころを紹介しよう!

「チムチム ミッキーマウス」の実車版が展示

全ての画像を見る(10件)

ソラマチ3階に設けられた特設会場で来場者の目を惹くのは一台のスクーター。ミッキーマウスをイメージした黒と赤と黄色のカラーリングが印象的なこのスクーターは、ディズニーモータースで類型販売台数1位の人気車種「チムチム ミッキーマウス」を実車サイズで再現したもの。元となったトミカのデザインを細部に至るまで忠実に再現した1台で、様々な角度から鑑賞できる。そばに展示されたトミカ「チムチム ミッキーマウス」と見比べて楽しむのもオススメだ。

【写真を見る】日比谷花壇によるフラワージオラマ

イベントスペースの一角には、日比谷花壇のデザインによるフラワージオラマ4点も展示。それぞれ異なったテーマで表現された花々のアートの中にディズニーモータースのトミカが溶け込んだ、ほかでは見ることのないジオラマとなっている。

歴代のディズニーモータース230台以上を一斉展示

また、会場には歴代ディズニーモータース230台以上が勢ぞろい。2008年のデビュー車から現在発売中の最新シリーズまで、シリーズの歴史を感じさせるラインアップは壮観だ。

新シリーズ「ディズニーモータース ジュエリーウェイ」が先行展示

そして、2018年秋から発売予定の新シリーズ「ディズニーモータース ジュエリーウェイ」5種も先行公開される。大人の女性に向けたシリーズで、車の屋根などがジュエリーボックスのように開閉し、中にリングなど小物を収納することができる。トミカ本体もガーリーで部屋に飾りたくなるデザインだ。

スワロフスキー・クリスタルでデコレーションされた歴代「ドリームスター」が初展示

その横には、ディズニーモータースのフラッグシップカーである「ドリームスター」歴代3車種を、スワロフスキー・クリスタルでデコレーションした特別モデルが初展示。すべて非売品でレアなドリームスターはスワロフスキーの輝きできらびやかな仕上がり。写真では伝わりきらない実物の魅力はぜひその目で確かめてほしい。

ずらりと並んだディズニーモータースは壮観

イベントは入場無料なので、ディズニー好きやトミカファンはもちろん、ソラマチに出かけた際は立ち寄ってみて!

(C) Disney (C) Disney/Pixar

(C) DISNEY.Based on the "Winnie the Pooh" works by A.A.Milne and E.H.Shepard.

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る