夏にオススメの“涼絶景”!繊細な美を放つ静岡の名瀑「白糸ノ滝」を目指すドライブ

2018年7月20日 12:04更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

暑い夏のおでかけなら、目的地は“涼しい絶景”に決まり!そこでオススメなのが、静岡県富士宮市の「白糸ノ滝」。富士山の構成資産として世界遺産に登録されたほか、国の名勝や天然記念物にも指定されている名瀑だ。名古屋から車で150分ほどで行ける「白糸ノ滝」と、その周辺のおすすめ立ち寄りスポットを紹介。

名瀑「白糸ノ滝」で、涼しげな水しぶきを存分に感じよう!

全ての画像を見る(5件)

富士山からの雪解け水が岩肌を伝い、キラキラと光る糸が滴り落ちるような情景からその名が付いた。芝川が流れ入る本滝に富士山の雪解け水が加わり、毎秒1.5tもの伏流水が流れ出している。

高さ約20m、幅は日本最大級の約150mにわたりアーチを描く無数の糸が、エメラルドグリーンの滝つぼへと吸い込まれ続ける姿は圧巻だ。

【涼絶景DATA】ベストタイム●10:00~12:00 午前中の時間帯や、太陽が傾き始めるころに出かけると、滝に虹がかかる光景に出合いやすい 滝の幅●約150m

【写真を見る】豪快に水が流れ落ちる音止の滝にかかる虹

駐車場から白糸ノ滝へ向かう途中にある、落差25mの「音止の滝」も必見!運がよければ、滝つぼに虹がかかることも。白糸ノ滝と共に、日本の滝百選の一つに選ばれている。

合わせて行きたい、オススメの立ち寄りスポット

■「いでぼくミルクハウス」で極上のミルクジェラートを堪能♪

自家製ジャージー牛乳で作った、ジャージージェラート(380円)

100頭近くの乳牛を飼育する牧場の一角にオープン。SAやPAに系列店が出店しており、抜群の知名度を持つ。搾りたての牛乳から作るジェラートは、ココでしか味わえない!

■約100羽のフクロウが待つ「富士花鳥園」

ハウスの中にベゴニアやフクシアなどカラフルな花が咲き誇る

色とりどりの花と、スリリングなバードショーが楽しめる。毎日開催されるショーでは、フクロウやタカが、羽音が聞こえるほど頭上すれすれを飛んでいくこともある。

■富士山の麓(ふもと)にある体験型牧場「まかいの牧場」

背に雄大な富士山を望む放牧場など、撮影ポイントが満載

ウシの乳搾りやヒツジの放牧といった無料イベントのほか、引き馬体験(500円~)などさまざまな体験メニューがある。自家製牛乳を使用したジェラート(400円~)やチーズケーキ(1350円)も人気だ。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る