秘訣はタレ? 釧路の名店で味わう北海道のザンギ

2018年7月15日 11:00更新

北海道ウォーカー 山崎伸子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北海道で「ザンギ」といえば鶏のから揚げのことで、北海道民にとっては昔から慣れ親しんだソウルフードです。でも、いまやザンギは北海道名物として、全国からも注目されるご当地メニューとなりました。そんなザンギ発祥の店とされるのが、釧路にある名店・鳥松です。折しも夏休みが始まるこの季節、とびきりおいしいザンギを目当てに釧路を訪れてみませんか?

カラッと揚がった骨付きのザンギ(580円)

全ての画像を見る(6件)

揚げたてのザンギは衣がカリッサクッ、鶏肉はジューシー

先代が開店した当時は、焼鳥店だったという鳥松。1羽をまるごと仕入れ、それをぶつ切りにして揚げたのがザンギの始まりだったようです。ザンギ発祥のこの店は、現在2代目店主の高倉さんがその味を守り続けています。

老舗の雰囲気がただよう、こぢんまりした店内

素手でフライヤーへ鶏肉を投入する2代目の高倉さん

鳥松で「ザンギ」とオーダーすると出てくるのが骨付きのザンギ(580円)。ここのザンギは、醤油やショウガ、コショウで揚げる直前に軽く下味を付けた骨付き鶏肉のぶつ切りをラードで揚げたものです。衣はカリッ、サクッとした食感で、中からあふれ出るジューシーな鶏の肉汁がたまりません。

また、釧路のザンギで最大の特徴なのが秘伝のタレ。ちなみに鳥松のタレは、ウスターソースをベースに各種スパイスを加えたオリジナルで、中濃ソースのようにとろっとしたタレではなく、サラサラしたタイプ。薄味のザンギとタレの相性は抜群で、一度食べたらやみつきになりそうですよ。

ご飯ともビールともよく合うザンギ

海外の観光客にも人気なテイクアウト

釧路市民のみならず、海外の観光客もテイクアウトするほど人気が高い「鳥松」。「持ち帰りザンギ」(1160円)は2人前からとなっていますが、価格は店内で食べるのと変わりません。もちろん秘伝のタレも付けてくれます。

「持ち帰りザンギ」(2人前:1160円)

テイクアウトすると、どうしても表面のサクッとした食感が失われてしまいますが、オーブンなどで軽く焼いてから食べればバッチリです。加熱は電子レンジよりもオーブントースターがオススメで、2分ほど加熱するとさっくりとした食感が復活するとのことで、お土産に買っていっても喜ばれそうですね。

ザンギ発祥の地とされる釧路の名店・鳥松

一般的なから揚げとはまた違った味わいの、北海道のザンギ。発祥の店で味わうザンギは、やはりひと味違います。釧路湿原などの観光スポットを巡ってから行くもよし、おいしいザンギを頬張ってから北海道観光の計画を立てるもよし。鳥松のザンギは、釧路観光のマストグルメとして、押さえていただきたいです。

鳥松 ■住所:釧路市栄町3丁目1 ■電話:0154・22・9761 ■時間:17:00〜翌0:30 ■休み:日曜 ■席数:15席(喫煙可)【北海道ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る