伊勢佐木長者町「地球の中華そば」のIEKラーメンを食べてきた!

2018年7月13日 19:30更新

横浜ウォーカー 取材・文/濱口真由美

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2017年10月~2018年9月までの1年間、ひと月に1店舗ずつ「ラーメンWalker神奈川2018」読者のために限定麺を作るスペシャル企画。「神奈川の食材を使ったり、ゆかりの名品をオマージュした“神奈川愛”あふれる一杯!」という共通テーマを元に、各店舗オリジナルを考案する。2018年7月は、横浜の中でも屈指のラーメン激戦区・伊勢佐木長者町の「ほしちゅう」こと「地球の中華そば」の豚骨醤油ラーメンが登場。家系(IEK)オマージュで味わえるとのことで、さっそく食べてきた!

「地球家(ほしのや)」が放つ、無化調の豚骨醤油!

ラーメンWalker神奈川2018限定麺は「地球の豚そば(IEK STYLE)」(800円、1日40杯限定※※土曜は予定より少なくなる場合あり)。豚骨ラーメン店出身店主が満を持して放つ、この日のための豚骨スープ!

見た目は、告知通りのIEKほしちゅうスタイル。スープを飲めば「あ、IEK!」と思わず口に出してしまうほど、ハマッ子にはなじみが深い、あの豚骨醤油だ。だがスープはまろやかで、角がなく気になる臭みもない。まさに、この丁寧な処理がほしちゅう。いや、「地球家(ほしのや)」…!

【写真を見る】地球の豚そば(IEK STYLE)(800円)。豚骨の臭みがなく、女性でも食べやすい味わい。ぜひライスと一緒に!

全ての画像を見る(5件)

醤油のカエシはキリッとしているが、あの「ノド乾いたな~」というあと味はない。それは、店主が無化調にこだわっているからだろう。食べ疲れないがしっかりした醤油、でもライスと一緒に味わいたい! そんな食欲が止まらない一杯だ。そんな情報を知ってか、ライスと一緒に頼む人も多かった。

気になる自家製麺は、パツン!と歯切れのよい低加水の太麺。スープに浸しても、ダレないしっかりした麺だ。それでいてノド越しもなめらかで、食感もいい。このバランスは、ほしちゅうならでは。

また、トッピングも秀逸だ。チャーシューは「やまゆりポーク」を吊るし焼きにして丼の中へ。やまゆりポークとは、神奈川県の花、ヤマユリの名をつけた県産の銘柄豚。市場では高値で取引され、農林水産大臣賞を4度受賞している。そんなやまゆりポークを、豪快に吊るし焼きに。脂はくどくないが、程よくのっている。しかも、歯がいらないほどに柔らか!

さらに、ウズラの卵はしっかり味玉! シャキシャキのホウレン草に、紫タマネギの辛味がアクセントになっている。トッピングにまで、家系リスペクトのスタンスは守りつつ、独自のエッセンスを加えた「IEK」だった。

スタッフさんにこのシールがもらえる。ラーメンWalker神奈川2018がないと食べられないので注意を!

残りのチャンスは、18年7月14日(土)、27日(金)・28日(土)!

さて、残りの日程は、18年7月14日(土)、27日(金)・28日(土)の、第2土曜、第4週の金曜・土曜。 13日(金)の初日は平日ということもあってか、出足は遅め。筆者が到着した10時30分ころでおよそ8人待ち。そこから列が伸び、開店前には30人ほどが列をなしていた。人気店ゆえ、すべてが限定麺狙いというわけではなさそうだった。

日ざしが容赦なく照りつける…!水分補給も忘れずに

並んでみた個人的な感想としては、まずは暑さ対策が必要だということ。7月のこの炎天下の中、ビルに沿って並ぶのだが、日光を避けられる場所は一部。待機する際には、各々が帽子やタオルなどを用意することをオススメする。

マニアの中ではすでに話題となっている、「ほしちゅう」で働くスーパーラーメン高校生が店の定休日に営業する「こうへいラーメン」。この「こうへいラーメン」の様子が、7月16日(祝)にテレビでも放送される予定。それにより、その後の第4週目は通常よりも混雑する可能性も…。こちらも参考に、行列対策をしてほしい。

「こうへいラーメン」放送後の提供日は、混み合いそう!

券売機の右端にある限定麺のボタンで購入し、店員さんへ出そう。その際に「ラーメンWalker神奈川2018」も一緒に見せるのもお忘れなく。これがないと、限定麺にはありつけない!

狙うのは右端の列、中段のボタン! 大盛りはプラス100円

なにはともあれ、いつものラーメンとは違う「地球家(ほしのや)」の誕生に、またもファンが増えそうな予感。並ぶ場合は対策は万全に!

限定麺イベントは、2018年9月まで毎月開催! 2018年8月は「支那そばや 本店」、そして最終回の9月は「らぁ麺屋 飯田商店」と人気店が続いていくので要チェック! 食べる際に各店からシールをもらって、本誌の台誌に貼ろう。12店舗すべてコンプリートすると、12店舗からのすてきなオリジナルのレアグッズが抽選でもらえる。定番メニュー(デフォルト)とは異なるこのイベントだけの珠玉の一杯を巡ろう!

【ラーメンWalker神奈川2018】限定麺ラリー参加店舗(17年10月)ファットン、(17年11月)弘明寺丿貫、(17年12月)鶏喰~TRICK~、(18年1月)G麺7、(18年2月)麺屋庄太、(18年3月)カミカゼ、(18年4月)渦雷、(18年5月)麺処 秋もと、(18年6月)中村麺三郎商店、(18年7月)地球の中華そば、(18年8月)支那そばや 本店、(18年9月)らぁ麺屋 飯田商店

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る