110匹のスヌーピーが集結!?科学とスヌーピーのコラボ展覧会が開催

2018年8月1日 15:30更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

スヌーピーと科学がコラボした「Snoopy FANTARATION スヌーピー×おもしろサイエンスアート展」が、2018年8月15日(水)から27日(月)までジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区)で開催される。

本展では、大人気キャラクター・スヌーピーが、科学やテクノロジー、アートとコラボレーション。日本のフィギュア作家が制作したサイエンスアートによるスヌーピーや、大学や企業と連携して制作したスヌーピーなど、従来のスヌーピー展覧会にはない作品が、なんと約110点展示される!

大谷芳照が制作した、「ピーナッツからくりオブジェ」。天才音楽少年のシュローダーの演奏が聴ける!?

全ての画像を見る(6件)

造形作家・松岡ミチヒロ氏作「SPEED ACE」

スヌーピーの生みの親・シュルツ氏と親交があった総合プロデューサー・大谷芳照氏による名作も実に25年ぶりに展示。「ピーナッツからくりオブジェ」から流れる、天才音楽少年のシュローダーが奏でる音には、思わずうっとりしてしまうだろう。造形作家・松岡ミチヒロ氏作の「SPEED ACE」は、スヌーピーが変装する職業の1つ、“フライングエース”がモチーフで、塗装部分など細部までリアルに再現されている。

愛知工業大学とのコラボレーションにも注目したい。学生が中心となって製作した、「ダンシングスヌーピー」は、ディスコ音楽に合わせて、ダンスを披露する!

【写真を見る】レトロな見た目がかわいい「ダンシングスヌーピー」は、学生が制作したというのだから、驚きだ。

目がピカピカ光る、スヌーピーが想像したロボット「ビーグルロボ」も気になる

「ぬいぐるみのちょっこりさん」(各1080円)や「スノードーム」(3240円)など、約350種類のオリジナルグッズも販売される。心あたたまるサイエンスアートによる、新たな「スヌーピー」の世界を満喫しよう!

「ぬいぐるみのちょっこりさん」(各1080円) ※ボールペンは別売り

「スノードーム」(3240円)

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る