ロス効果とゲイン効果、お見合い結婚の幸福度が恋愛結婚より高い理由(1/3)

2018年7月27日 6:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

分かりやすいニュース解説でテレビに引っ張りだこの経済ジャーナリスト・池上彰氏。そんな彼がイマドキの女子が抱える、答えが出ない疑問や悩みを聞く“女子会”に参加するというテレビ番組の企画が話題となり、書籍化までされたことを知っているだろうか。

しかも、あの軽快な語り口で、答えが出ないと思われていた疑問や悩みについて、データに基づいて解決の糸口を教えてくれるというのだ。

そこで今回はTBSテレビ「池上彰と“女子会”」を書籍化した「池上彰が「結婚」「お金」「仕事」についての疑問に答えます!」で実際に紹介された、気になる女子会の様子を覗いてみよう。

登場人物紹介

40代独身女子(以降、40代独女)=結婚願望はあるものの、仕事と趣味で楽しく自由な毎日を送る。生活力はあるが、昭和らしい古風な考えを持つ一面もあり、なかなか前進できない。今は、とにかく老後が心配。

30代既婚女子(以降、既婚ママ)=20代で結婚、現在3人の子供のママ。協力的な夫と共に、子育てに専念中。働きたい気持ちもありつつ、家事と育児で日々の暮らしに精一杯。

30代バツイチシングル女子(以降、バツイチ)=20代で結婚し、2人の子供を授かるものの数年前に離婚。困ったときは実母に頼りつつ仕事と育児を両立している。結婚はお金ではなく愛だと言い切る。

20代キラキラ女子(以降、キラキラ)=若さゆえ、仕事も恋愛もSNSも全力投球。でも実は、自分にちょっと自信がない。夢は20代のうちにかっこいい彼氏と結婚して、仕事と子育てを両立すること。でも結婚が本当に幸せかは分からない。

Q.どうしたらいい人に出会えますか?(美容師・22歳)

池上:男女の出会いについて、女子150人にアンケートを取ったところ、80%が「出会いが欲しい!」と回答したようです。残り17%は「彼氏ありもしくは既婚者」、3%は「彼氏はいらない」と答えました。

女子の80%が「出会いが欲しい」

キラキラ:私も出会いは欲しいけれど、自分からは動けません。一方で周りの友達が結婚し始めているので、焦りだけはあります。

40代独女:私は年齢のこともあり、パッと出会ってサッと結婚したいですね。

バツイチ:私もいい出会いがあればとは思っています。結婚相手の条件はある程度掲げておいた方が、出会ったときに逃さないだろうし、紹介してもらいやすくなりますよね。

池上:なるほど。

バツイチ:私は「常識がある人」「真面目な人」「仕事ができる人」でしょうか。

理想の相手には出会えません!

池上:はっきり言いましょう。その理想の相手には出会えません!

実は、サイエンスナビゲーターの桜井進氏によると、普通に生活している中で理想の男子と出会える確率は0.00006%であるというデータが出ています。

つまり167万人に1人という確率。横浜市の全男性がそれに近いそうですから、横浜市内をくまなく歩いて、その1人に偶然出会うかどうかということですね。どうでしょう、ほぼ不可能に近いと思いませんか?

理想の男性と出会える確率は0.00006%

すべての画像を見る(8件)

  1. 1
  2. 2
  3. 3

1 / 3

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る