淡路島の最南端に位置する「阿万海岸海水浴場」でマリンブルーの海に感動!

2018年7月26日 12:01更新

関西ウォーカー 森田周子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

 白くてサラサラの砂浜が約600m続き、ヤシの木なども生えそろった南国ムード漂う淡路島屈指の人気海水浴場。シャワーやトイレはもちろん、遊歩道やビーチ沿いに続く無料駐車場など設備が整っているのもGOOD。インスタ映えのかわいい防波堤や夜のウミホタルなど遊び応え抜群!<※情報は関西ファミリーウォーカー2018夏号(2018年7月9日発売号)より>

遠くに四国を望める海水浴場。都心部からも1時間弱と程近く、実はそれほど込んでいない穴場

すべての画像を見る(9件)

ファミリーで利用しやすい充実設備の海水浴場

【写真を見る】整備が行き届いた砂浜にはゴミも少なく、浅瀬をはだしで走り回ったり、水のかけ合いっこをしたりと海を堪能

路島の南に位置する南あわじ市にはいくつかの海水浴場があり、どれもが兵庫県が実施する海水浴場水質調査で最高評価を取得している。そのなかでも最南端にある「阿万海岸海水浴場」はきれいな海水はもちろん、トイレやシャワー、あずまやなどの設備も整った、ファミリーに人気の海水浴場。開放感あふれる浜辺で砂遊びや貝拾い、浅瀬で海水浴など、澄んだ水や整備されたきれいな砂浜だからこそ小さな子どもでも安心して夏の海を満喫できる。

水をすくうと透明度の高さがよくわかる

駐車場を奥に進むとヤシの木が並ぶ緑地が。ここにテントを張るのもいい

防波堤のフォトスポット&昼とは違う魅力の夜の海

地元の小学生たちが防波堤に描いたカラフルでかわいいお魚がインスタ映えと大好評のフォトスポットもある。

地元の小学生たちが防波堤に描いたカラフルでかわいいお魚がインスタ映えと大好評

また、この海水浴場では近隣宿泊施設の宿泊者限定で夜にウミホタルを見ることができるのも魅力。

太陽が沈むと現れる!幻想的な光を放つ淡路島のウミホタル

ウミホタルは驚いた時や外敵から身を守る際に青白く輝す。それはまるで、夜の海で海上のプラネタリウムのよう。水際でキラキラ光る幻想的なウミホタルに癒されること間違いなし。昼間は家族で海水浴をたっぷり楽しんで、日が落ちたら、ひと味違った神秘的な淡路島の海を堪能しよう!

阿万海岸海水浴場の感想は?

さらさらの砂浜だから裸足でも痛くない

とにかく水が澄んでいて、砂浜も真っ白でサラサラでとても過ごしやすい海水浴場でした。砂に埋まった貝殻を探したり、岩場にいる小魚を観察したり終始飽きることなく海を堪能していました。ひととおり探し終えたら、手にいっぱいの貝殻を持って「これ持って帰る!」とうれしそうな表情。また来年も来たい海でした。安心して遊ばせられるし、疲れたらあずまやで休憩しながらおしゃべりしたり。

ビーチ沿いにあずまやが並ぶ。熱中症に注意しながらここでひと休みしよう

トイレやシャワーなどの設備が整っているのもうれしいポイント。

■阿万海岸海水浴場 住所:南あわじ市阿万西町 電話:0799-43-5221(南あわじ市商工観光課) アクセス:神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICより車で30分

併せて行きたい!うずの丘 大鳴門橋記念館に立ち寄り

おっ玉葱で記念写真

レストランやおみやげ販売所などを併設するうずの丘では、いろいろな形で淡路島産のタマネギを楽しめる。タマネギのクレーンゲームや巨大タマネギオブジェなど、斬新なタマネギアイテムが盛りだくさん。おもしろい写真をたくさん撮って夏の思い出に加えよう!

■うずの丘 大鳴門橋記念館 住所:南あわじ市福良丙936-3 電話:0799-52-2888 時間:9:00〜17:00(閉店時間は店により異なる) 休み:火曜日(祝日及び、長期休みの場合営業) 駐車場:130台(無料) アクセス:神戸淡路鳴門自動車道淡路島南ICより車で2分

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る