暑い季節の神楽坂はここでひと休み!ショコラティエのジェラート専門店

2018年8月15日 16:00更新

東京ウォーカー 東京ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

静かな通りに佇むヨーロッパのアパートのような建物。その建物の前を通ると、奥まったところに赤い扉が見える。そんな知らないとたどり着けない立地のこの店は、日本のトップショコラティエの一人、土屋公二シェフが手掛けるジェラート専門店。シャンデリアを配した優雅な空間でジェラートが食べられる。

黄色い建物に赤い扉がフォトジェニックなジェラート専門店

全ての画像を見る(4件)

カスタマイズで自分だけのジェラートを発見!

中でも人気なのが、ジェラートスパイラル。ジェラートにフルーツやナッツを混ぜ込み、特殊な機械で絞り出したこの店だけのメニューだ。ジェラートはもちろん、中に混ぜ込む具も約6種から好きな2種を選べるので、組み合わせ次第でさまざまな味を楽しめる。

【写真を見る】ミルクジェラートにフランボワーズとメープルクッキーを混ぜ込み、粒チョコレートをトッピング。トッピングはこのほかアーモンドも選べる(単品799円)

ベースとなるジェラートはチョコレートも捨てがたいが、イチオシはミルク味。しっかりとミルクの味わいがありながらも、あっさりした甘さで、これを求めて週2回訪れる常連客もいるほど。混ぜ込んだ素材の味が分かりやすく、組み合わせの妙がより楽しめる。蒸し暑い今の時期は、マンゴーなどのフルーツを混ぜ込み、甘酸っぱさでさっぱりと仕上げるのがおすすめだ。

そのほかケーキやパフェなどもイートインで味わえる。

手前が粉を使わずに焼き上げたスポンジとガナッシュを重ねたサンフォアキンドス615円、奥にあるのはチェリー入りのフォレノワール561円

落ち着いた店内にはカラフルなイラストが展示されている

ヨーロッパの古いカフェのような非日常な空間と冷たいスイーツは神楽坂歩きの休憩にぴったり。ちなみに店内には人気が高いマカロンの箱のイラストを手掛けた画家、樋上公実子さんの額装作品も展示しているので、イートインの際はぜひチェックを。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る