「南禅寺参道 菊水」がリニューアル!庭園を眺めながら和を感じるアフタヌーンティーを

2018年8月8日 12:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

創業から60年の歴史を持つ料理旅館の南禅寺参道 菊水をリノベートしてオープン。明治時代に造られた庭園や数寄屋造の建物を生かしながら、庭にテラス席も設置。宿泊施設のほか、宿泊しなくても利用できるレストランも備える。そんなリニューアルオープンした南禅寺参道 菊水では和の雰囲気にデコレートされたアフタヌーンティーセットを7月にスタート。夏の午後をのんびりお茶でくつろごう。<※情報は関西ウォーカー(2018年7月31日発売号)より>

歴史ある庭園を眺めながら和を取り入れた12種を堪能

「アフタヌーンティーセット」(3240円)/南禅寺参道 菊水

全ての画像を見る(6件)

夏の庭園をイメージして盛り付け。ドリンクはロンネフェルト社の紅茶など10種が飲み放題。前日までに2人以上で要予約。 ※写真は2人分

「時間によって表情が変わる庭園をゆっくり楽しんでいただくため、和のテイストを盛り込んだアフタヌーンティーセットを用意しました。夕暮れの特別な時間を存分にお楽しみください」と、シェフの大筆秀樹さん。

■アフタヌーンティーDATA/MENU:自家製ベーコンとキャラメルオニオンのキッシュ、吉田パンのクロワッサンサンド、無花果のコンフィチュールとサワークリームの最中、クレームショコラなど 期間:通年(季節により内容変更あり) 時間:14:00~17:00 場所:レストラン

オリジナルスイーツも注目!

【写真をみる】ショコラクレームとほうじ茶アイスのアフォガード(1296円)/南禅寺参道 菊水

濃厚なショコラクレーム、ほうじ茶アイスなどにエスプレッソを注いで食べるデザート。

ソルティーなミルクアイスと北坂養鶏場“さくら卵”のこだわり焼きプリン(972円)/南禅寺参道 菊水

クラシカルなプリン。ミルクアイスに合わせた塩がアクセント。

宮崎マンゴーとパッションフルーツ、杏仁のソルベ(1512円)/南禅寺参道 菊水

マンゴーと相性のよいパッションフルーツのソース、杏仁のソルベを一緒に楽しむ。

約2750平方メートルの広大な敷地を持つ/南禅寺参道 菊水Photo. Nacàsa & Partners Inc.

庭園にはテラス席があり、アフタヌーンティーセットも楽しめる。

ダイニングは全席から庭を見渡せる/南禅寺参道 菊水

■南禅寺参道 菊水<住所:京都市左京区南禅寺福地町31 電話:075-771-4101 時間:カフェ14:00~17:00、レストラン11:00~22:00 休み:なし 座席:152席 タバコ:禁煙 アクセス:地下鉄蹴上駅より徒歩7分>

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る