幸せになりたい女子の福岡占い実録レポ 〜07〜

2018年8月24日 17:00更新

九州ウォーカー 末永禎治

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

信じる信じないは本人次第。でも女性なら誰もが少しは気になる「占い」。果たして占いで人は幸せになれるのか?興味はあるけれどどういったシステムなのか分からない。占ってほしいけどなにかちょっと勇気がいる。そういった方、意外と多いのではないでしょうか。確かにどんな雰囲気なのか分からないとちょっと入りづらかったりしますよね。そこで編集スタッフが「占い」の現場に潜入!「幸せになりたい女子」たちが占いによってどう変わるのか…、検証していきます。

「幸せになる、幸せにする責任を持ち放棄をしてはならない。他を侵してはならないし侵されてもならない」が信条の占あかり先生

手相、人相、気学、四柱推命、易、 風水、密教占星術、姓名判断、潜在心理と様々な占術を得意とする占あかり先生

全ての画像を見る(7件)

第7回目は手相や人相を得意とし、日頃気付かない潜在心理を読み取る占あかり先生。24年目と経験豊富で、これまでの占い鑑定相談は7万5千件以上!今回は編集部大学生スタッフMを占っていただきました。今回は、なかなか厳しいお話に…。

占あかり「今日はどんなこと見ていきますか?」

編集部M「一番気になっていることが、自分の将来、進路についてで、いま大学三年生なんですけど、今年の夏から就職活動に向けて色々準備が始まるので、先ず自分の将来のために運気が上がること、どういう風にしたらいいのかってことと、一番就職したいところに受かるためにできることをアドバイスをお願いします」

占あかり「業種はどういう方向にいこうとしてるんですか?」

編集部M「業種というよりは、福岡、地域で密着した形で働ける企業がいいなと思っていて、地元を中心に全国や世界に向けて貢献できるような企業で働きたいと思っています。」

【写真を見る】地域に密着したような企業が理想と語るM

占あかり「素晴らしいですね?地元から全国、世界と…。職種とはどう繋げていきますか?」

編集部M「一番理想的なのは、鉄道かメーカーだと思っています。自分自身が成長できる働き方がしたいです。いま大学で専攻している外国語を活かしたいというよりは、アルバイトで接客業を体験して、いろんな人に関わったり、自分自身が成長できる働き方がしたいなと…。自分自身もスキルを磨けるっていうような…」

占あかり「具体的に何ができるのかが、企業は知りたいですよね?それですと『小説を読んでおもしろいね』と夢と空想の話を聞いてるようです。仕事としてのポイントが漠然としてしまいます」

編集部M「最終的に就きたいのは企画の仕事です。ですが、新入社員だと、すぐに企画に携わるのは難しいと聞いているので」

占あかり「あなたは、人相からも行動力があり内側で支える事にやりがいを覚えるやり手タイプの一面と情のもろさがあるようです。今年からMさんは運勢上20代の基礎を作る上で、とても大切な時を迎えています。今年来年は生涯を大きく左右する節目の時です。Mさんの星は比較的、厄(前厄、本厄、後厄)などの災いを受けにくい得な生まれで、今年の節目時もラッキーに過ごせる人です。先天上大運では、20代の仕事運がとても良いものを持っています。就職も心配しているより、うまく行く可能性を持っています。逆境にも強いパワフルな活力を持つ生まれです。いざという時の忍耐もすぐれています。ただし、内面の星に暴欲の星があるために、生涯あれもしたいこれもしたいと迷いがあったり、欲求不満に悩まされたり、情が強いため周囲に振り回されたりする一面も持っています。運気を上げる方法は『考え方と制御』がとても大切です。まずは、キャリアづくり。現在、Mさんは、企画業務のPRできる経験がなく、関連した学部でもないですよね。語学や文化を勉強したけど、これを活かさない。となれば、大学の経験をどう活かすか?を考慮しないとなれば、なんの役に立たないお話になります。差し迫っている就活は、現実に伴った有利さを活かした就職活動の仕方をしないで大丈夫かな…と思いますよ」

今までの占いとは違う様子…。厳しい緊張感を保ったまま、鑑定は続きます。

命懸けですよ、仕事っていうのは。生活を守ってるんです

初めての占いという編集部Mの緊張感が伝わってきます

編集部M「私が大学に入った経緯なんですけど、第一志望の大学に受からなくって、元々語学を勉強する気じゃなかったんです。でも、勉強することになって、まずは海外の文化について知ろうと思い、自分なりに勉強し、語学研修に行くなどしました。もちろん、海外に興味があるし、語学スキルも磨いていきたいと思っています。ですが、私は語学力をメインにするんじゃなく、厳しいのは分かってるんですが、文化を勉強した経緯を活かして、日本や地域のために貢献したいという考えです」

占あかり「文化の勉強経験をどう活かすかですね。仕事は生活を守っているんです。生活とは生きる事。それを支えているのが仕事。世界中同じです。70億人分の一の役目です。この考え方があると発案の仕方が違ってきます。最後まで責任ある考え方を持つ事ができます」

編集部M「はい…。じゃあ、私は今からどういう方向を目指していけばいいと思いますか…?」

占あかり「現在の状態のあなたが考えていることが、そのまま仕事上で活きるというのは現状難しい。企画の仕事であれば、『企画の種類、役立つ資格、必要な能力など』を徹底的に調べて、知識や資格を十分につけておいてください。企画の仕事はあらゆる業種に存在します。その他、外資系企業、貿易や商社の地元企業、または、公的機関の観光業会なども想いを実現できる業種ではないでしょうか?アルバイトはどういった会社だったんですか?」

緊張感MAXです…

編集部M「会社というよりも、大学の組織で、新入生と住居を…」

占あかり「そのお仕事に就いても良いと思いますか?」

編集部M「関連した仕事だったら、私は就いてもいいと思っています」

占あかり「そういったところにも企画業務はあります。そういう選択も考えて見ると良いのではないでしょうか?例えば、これは不動産なので、不動産業務です。現在はまったくMさんが考えている世界ではないでしょうが」

編集部M「つまり、今おっしゃっていただいたことを整理すると、私が目指すべき進路というのは、私が今していることと直接的に関係していることで、趣味やしたいことにも繋がる世界がよくて、それが不動産業界ということですか?」

娘を叱る父親のような手ほどきの占あかり先生

占あかり「それも選択の一つですが、趣味と仕事は一緒じゃないですよ」

編集部M「すみません、その趣味っていうのが、私の未熟さでピンときてないところがあるんですけど?」

占あかり「趣味は生活を守っているものとは違うものですよ。あなたが好きであなた自身の為だけにやっている。仕事はあなたが好きだけというだけで、周りの皆さんに迷惑をかけられません。専門性があり、能力を発揮できる仕事に就けば周囲の方は助かりますが、無ければ足手まといとなり、迷惑をかけてしまいます」

趣味と仕事は分けてください。

編集部M「そういう甘い考えで仕事をするべきじゃないという…」

占あかり「甘い甘くないではなく。それが基本です」

編集部M「私としては、趣味と仕事を完全に分けるんじゃなくて、もちろん…」

占あかり「いや完全に分けてください。じゃないといい加減な人と思われますよ。それを分けないと、まったく違った話になりますよ」

編集部M「わかりました。じゃあ、働くことに特化してお話しした時に、私が就職したいところは置いておいて、私が役に立てる働き方、社会に貢献できる働き方ができる企業に就職するには、これからどういう風な行動を具体的にしたらいいですか?」

占あかり「就職は来年の運勢上、就活に良好な時を迎えます。高く評価を受け、決まりやすくなります。その運気に乗って行けるように、考え方を整えて行ってください。仕事というのは犠牲の場です。趣味を満たす場では一切ありません。あなたの時間と労働と人生と命を、そこに犠牲にする場です。その立場において十分な満足を得られるか、というテーマであって、楽しむという事とは全く違います。そこには人間の命の尊厳があります。尊厳や尊敬、称賛や感謝をされるとか、そういう位置づけです。それを踏まえた上で、仕事を趣向や趣味的な位置づけで話ができるかどうかを判断してください。これは、正しい正義あるすべてのお仕事について言えます。コメディアンもそうです。コメディアンもみなさんの希望を守るために、命を懸けています。化粧品も衣服も同じ。仕事をやっていただいて守ってもらっている方々の犠牲のおかげで、私たちが今日一日を過ごせるんです。その考えが前提です。仕事はその崇高な役目を果たしてゆく喜びを味わう場です。だから趣向ではないんです」

落ち着いた鑑定スペースで木漏れ日に照らされる植物

編集部M「まずは、自分もしっかり働くんだという考え方に改めるということが大事ですね」

占あかり「それが基礎です。人としての基礎です。考えて見てください。もし世界中のみなさんが一瞬にして仕事を全部やめたとしたら、どうですか?みなさん生きてられないですよ。これをしっかりと受け止めないといけません。お仕事についての向き合い方を一から考え直して、自身のできる事と希望の実現と考慮して向き合っていきましょう」

編集部M「考え直します。ありがとうございます」

占あかり「お伝えしておくと、就活に有利なMさんのラッキーカラーは金色です。これが『用神色』というラッキーカラーで、生涯使える色です。持ち物に加えると良いです。理想の就職ができますようにお祈りしています」

終始張り詰めた空気の中で行われた今回の鑑定。仕事観をガツンと諭された編集部Mは、どう感じたのでしょうか?

占あかり先生に鑑定してもらって

編集部M:自分の名前や生年月日からわかる性格、運勢だけじゃなくて、考え方に着目したお話が多かったです。(占いとは)イメージが少し違い、驚きましたが、自分を見つめ直すことが大切なんだなぁ…と考えさせられました。

鑑定後、持ち帰る願文には『進路良好』『理想の就職成就』とありました

[占あかり]福岡県福岡市博多区博多駅前2-19-17 トーカン博多第5ビル 1105号室 / 092-710-7815 / 10:00〜22:00 無休

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る