日本一のギンナン産地、愛知・祖父江へGO!イチョウのじゅうたん散策で秋を満喫

2018年11月1日 7:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ギンナンの生産量が全国の30%を占める、愛知県稲沢市の祖父江町。約1万1000本のイチョウが黄金色にまぶしく輝く様は秋ならではの絶景だ!

【写真を見る】イチョウの黄色で埋め尽くされた景色は圧巻!

全ての画像を見る(7件)

見ごろは11月中旬~12月下旬!

祖父江町では、町のいたる所でイチョウを見ることができる。最盛期には町全体が黄金色に染まるのが特徴。樹齢100年を超える巨木も多く、どこを歩いても見事な黄葉を楽しめる。

2018年11月23日(祝)から12月2日(日)まで、祐専寺周辺と祖父江町体育館(11/23(祝)、24(土)のみ)で黄葉祭りも開催。特産品のギンナンなど多彩なグルメが味わえる。特に祐専寺はイチョウが美しいスポットで、夜間はライトアップもされる。

多くの人でにぎわう黄葉祭り

祐専寺では、ライトアップも楽しめる

【紅葉DATA】色づき始め 11月中旬 落葉 12月中旬/ライトアップ 11/23(祝)~12/1(土)/黄葉祭り 11/23(祝)~12/2(日)/規模 約1万1000本

周辺のギンナングルメをご紹介!

せっかく黄葉を見に行くのなら、おいしいギンナンも食べたいもの。周辺で味わえるギンナングルメをご紹介しよう!

ギンナンと豚ロースがたっぷり!「ギンナンのさくさく丼」(864円)/「中国料理 北京」

「中国料理 北京」は、あっさり味の中華料理が好評。特製衣でサクサクに揚げたギンナンと豚ロースがたっぷりの豪快丼「銀杏のさくさく丼」(864円)や、麺やトッピングにギンナンを使った「銀杏ラーメン」(918円)が名物だ。

最中やういろ、パイなどギンナン入りの銘菓(各種1個65円~)/「花乃屋」

創業80年以上の老舗和菓子屋「花乃屋」にも訪れたい。地元のギンナンやアシタバを使った銘菓がそろう。みやげのほか、贈答用などにも人気が高い。

ギンナン入りの衣で揚げた天ぷらなど、ギンナン尽くし!銀杏懐石(4860円)/「びやす」

「びやす」は、祖父江町を代表する老舗の和食店。極力天然の食材を使ったこだわりの会席料理をはじめ、定食、寿司などが味わえる。ギンナンづくしの「銀杏懐石」(4860円)は3日前までに予約しておこう。

新鮮な地場産のギンナンを使った「銀杏きしめん」(460円)/「大橋米店」

「大橋米店」は、季節により厳選した日本各地の精米を販売する昔ながらの米店。ほか、自家製の餅や赤飯なども購入可能だ。おすすめは、新鮮なギンナンを使い、昔ながらの製法で仕上げた「銀杏きしめん」(460円)。

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る