濃厚スープとイタリアン仕上げでつけ麺のイメージをかえる!時屋 L'Espoir

2018年9月19日 13:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「時屋 L'Espoir」の本店は西中島の人気店。店主の久保時也さんは「つけ麺のイメージアップを自分たちの手で!」と激戦区の天六へ。本店同様のスープをベースに、イタリアンのひと皿のような、華やかで細かな工夫を盛り込んで勝負する。<※情報は関西ウォーカー(2018年9月11日発売号)より>

イタリアンのような仕上げでつけ麺のイメージを変える!

濃厚な豚骨魚介の「豚つけ(濃厚豚骨魚介) クラシック」(1190円)/時屋 L'Espoir

全ての画像を見る(4件)

濃厚な豚骨魚介の豚つけ(860円)に、炙りチャーシュー、レアチャーシュー、味玉(半分)をプラス。

【写真を見る】ゲンコツ、背骨、豚足、背脂で作るスープ/時屋 L'Espoir

つけ汁には、ゲンコツ、背骨、豚足、背脂で作るスープを使用。経験に基づいた各部位の配分が時屋のこだわり。さらに魚介スープを合わせる。

■麺(太さ:中太 形状:角 加工法:ストレート 製麺所:自家製麺 量:300~400g)

■スープ(タレ:醤油 仕上油:背脂 濃度:こってり○●○○○あっさり 種類:豚・魚介)

鶏清湯のつけ麺にチーズソースを組み合わせた「鶏つけチーズソース」(980円)/時屋 L'Espoir

鶏つけチーズソース(980円)は、程よい酸味の鶏清湯のつけ麺に、独自にブレンドした濃厚なチーズソースを組み合わせた洋風メニュー。「豚つけ」と「鶏つけ」以外に「鶏辛つけ」「パイタン辛つけ」もある。

アメリカンダイナーのような店内には、常時6種の海外ビール(各400)を用意/時屋 L'Espoir

「つけ麺とショートの瓶ビールは、分量的にもよく合うんですよ。つけ麺というメニューだけでなく、食べるシーンもみなさんに提案したいんです」と、店長の宮元 亮さん。

■時屋 L'Espoir<住所:大阪市北区浪花町8-14 電話:06-6485-8728 時間:11:30~15:00(LO14:50)、18:00~23:00(LO22:50)、日曜11:30~15:00(LO14:50)、18:00~22:00(LO21:50) ※月曜が祝日の場合は~23:00(LO22:50) 休み:なし 席数:15席(カウンター5、テーブル10) タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:阪急・地下鉄天神橋筋六丁目駅より徒歩3分>

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る