新たな扉を開く! ASIAN KUNG-FU GENERATION ニューシングル「ボーイズ&ガールズ」【後編】

2018年9月25日 11:00更新

横浜ウォーカー 取材・文=古城久美子、撮影=映美

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

【写真を見る】「ボーイズ&ガールズ」はアジカンの新境地なだけに期待が高まる

横浜で結成したASIAN KUNG-FU GENERATION(以下、アジカン)が約1年半ぶりとなるシングル「ボーイズ&ガールズ」を2018年9月26日(水)に発売。同時代を生きる人々の背中を押す、ポジティブなメッセージにあふれ、次なる境地へと向かう1曲が誕生した。今回、アジカンのメンバーに新曲の話から、横浜でのレコーディング秘話まで聞いてきた。

(――前編の続き)

――シングル「ボーイズ&ガールズ」のカップリング「祝日」は、山田さんが作曲を。

後藤 山田節ですよね。

山田 作っていたのは、もう、1年位前の話なんですが。

喜多 アルバムセッションが結構長かったからね。ある程度、デモの段階でメロディも乗っていたよね?

山田 ビート的には、最終的に4人でセッションしていきながら、激しめの曲になっていったんですけど。

喜多 ゴッチに聴かせるまでに、結構3人で練ったよね。

後藤 そうやって、わりと完成形で僕のところにくるので、そこからのっかっていくのが大変なところはありますよね。最近はメロディも山田先生の指定でくるので。

――ああ、だからか。「祝日」は、後藤さんの詞も、言葉の乗り方がおもしろいですよね。

後藤 山ちゃんがデモで、「ホーリデー♪」みたいなメロディで歌ってるから、ホリデー以外にないよねってなるよね。

山田 そういうのは、メロディがないとわかんないって言われて入れるようになった経緯があったり、仮歌もふにゃふにゃして載せた響きなんですけどね。

後藤 ただ、そういう響きをヒントに書けたっていうのはあるよね。

年内に、2015年発売の「Wonder Future」以来待望のオリジナルアルバムをリリース予定だ

――ということは、山田さんの仮歌で「ホーリデー♪」と聴こえたところから、全体の歌詞へ広がっていった? それは、おもしろい。

後藤 そうそう。ホリデーって言ってるし、「祝日」でいいねって。とっかかりというか、作詞ってそういう延長ではあるんですよね。

喜多 試行錯誤を経てね。

後藤 前に、ラララは辞めてほしい問題というのがあったよね(笑)。

喜多 仮歌ラララ問題ね。

後藤 そしたら、「シャララ」で送られてきて(笑)。そういうことじゃなくてさ。もうちょっと、今回の山ちゃんみたいに言葉のとっかかりがあったらうれしいっていうことだったんだけどね。

喜多 それ、俺ね(笑)。そういうのを経てのね。

後藤 そういう、伝説の事件があって。

――(笑)サイコーですね。

後藤 この曲は、山ちゃんが歌ったほうがいいんじゃないかってくらいハマっているんですけどね。メロディワークスに、山田印が出てる。結構、きっつい印なんですけど、それはシグニチャーとして良いことなので。

山田 アジカンで曲を作っていく場合、ゴッチが歌うことをイメージして作るというのは、前提としてあるんだけど、ゴッチにいくら寄せようと思っても、寄らないっていうか。

後藤 そこは、寄せる必要はないよね。山田印でいい。将来的にもっと自分たちから遠い人たちにも、楽曲提供とかやってみるとおもしろいかもしれないよね。

山田 まあ、ゴッチはゴッチでオリジナリティを確立してきたんだと思うんですよね。だからそこは寄らないっていうか。

後藤 そうそう。歌っては直し、歌っては直しって、自分の肌に合うメロディを勉強して獲得してきたから。

――そういう意味では、今回のシングルって、後藤さんのソロ的な曲と山田節とで。

後藤 コントラストがありますよね。

――その両方でアジカンになっているっていう。アジカンが次の境地にいっている感じがとてもしました。

後藤 そうなるとうれしいですね。

――ちなみに、今回のレコーディングって横浜でも?

後藤 相変わらず、ランドマークスタジオでもやってますよ。

――リアルにオススメのスポットとかありますか。

後藤 近くのオススメの店とかホントに行ってるから教えたくないよね(笑)。

伊地知 行けなくなっちゃうからね。

山田 最近スタジオに入った時によく頼んでいる、デリはいいよね。横浜にもあるPARIYA。

喜多 横浜発ではないけど、何を食べてもおいしくて、体にもいい素材でいいよね。メニューを選ぶのも楽しかったな!

――ちなみに、そのアルバムのリリースって?

喜多 もう曲は出そろっています! 年内にという感じで!

左から、喜多建介(G.&Vo.)、山田貴洋(B.&Vo.)、後藤正文(Vo.& G.)、 伊地知潔(Dr.)からなるロックバンド

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る