昔ながらのおやつが再ブーム!東海エリアのこだわりレモンケーキ3選

2018年10月10日 10:54更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1975(昭和50)年前後にブームがあったとされ、今また注目の的となっているレモンケーキ。今回は東海エリアで食べられる、おすすめの3つのレモンケーキを紹介!かわいらしいコロンとしたフォルム、さわやかな甘味と酸味に首ったけになること間違いなし!!

瀬戸内レモンの風味が口中に広がる

CREJOUERの 「レモンケーキ」 (270円)は北名古屋市の契約農家が作る減農薬米あいちのかおりを使用。瀬戸内レモンのピールや果汁を入れて焼き上げる

全ての画像を見る(3件)

名古屋市桜本町にある「グルテンフリースイーツと焼き菓子のお店 CREJOUER(クレジュエ) 桜本町」には、小麦粉の代わりに減農薬の米粉を、バターの代わりに太白ゴマ油を使用した、体に優しい焼き菓子(108円~)が25種類ほどそろう。無添加の商品も多く、レモンケーキはその一つだ。

レモン果汁をふんだんに!

【写真を見る】Patisserie Peu Connuの 「レモンケーキ」(236円)は地元の農園で採れた低農薬のレモンをジュースにし、たっぷりと生地に染み込ませているのでフレッシュさが抜群!

岐阜県羽島市の「Patisserie Peu Conn(パティスリー・プー・コニュ)」では、岐阜の名店として知られる「ル・スリジェダムール」などで15年修業を積んだシェフが腕を振るう。ショーケースには、地元・岐阜の食材を使ったケーキや焼き菓子が彩りよく並ぶ。

三重県産のレモンが味の決め手

1010banchiの「レモンケーキ」(237円)は酸味が少なく、まろやかさが特徴の三重県紀北町産のマイヤーレモンを使用。優しい甘酸っぱさがクセになる

三重県松阪市の「1010banchi(せんじゅうばんち)」には、「松阪商人ロール」(1296円)など、松阪にちなんだユニークな菓子が多い。サンドイッチとケーキ、ドリンクがセットになった「ミニブランチセット」(972円、11:00~14:00)も人気だ。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る