新鮮なやきとん&三崎港で直接買い付けたマグロ料理を低価格で

2018年10月5日 18:05更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鮮度抜群の肉を使用したやきとんと、厳選されたマグロを廉価で味わえる「横浜関内吉田町 THE FARM」
(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

全ての画像を見る(7件)

やきとんとマグロ料理を2大柱とする居酒屋が、2018年6月28日関内にオープン!マグロは店主が三崎港で仲買人を通さず丸ごと1匹購入するため、「赤身刺し」が497円という低価格が実現した。さらにやきとんは朝絞めた新鮮なもので、かしら、ハツ、タン、豚バラといった王道のほか、ちれ、豚軟骨のど、ふわなどの希少な部位を108円~そろえている。お酒のイチオシは「FARM SOUR」(519円)。生のレモンやキウイを凍らせたサワーはフルーティで、やきとんとマッチ!さらに、各地の特産フルーツの果汁シロップを使ったサワー&ハイボール(各519円)もおすすめだ。

ポイント1:朝絞めしたやきとんと吟味した三崎のマグロ

「マグロの切り落とし」(1,070円)は、300g・2~3人前のボリューム!(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

やきとんのおいしさは鮮度が左右するため、朝絞めたものを使用している。さらに、マグロは店主が自ら三崎港で厳選し買い付けるが、仲買人を通さないことから、2~3人分はあるてんこ盛りの「マグロの切り落とし」が1,070円というリーズナブルな価格設定となっている。脂の乗り具合が絶妙な「中トロ」(637円)も食べる価値あり。

【写真を見る】マグロがてんこ盛りの「マグロ丼」(780円)。ご飯、味噌汁、小鉢、小マグロ、お新香付き。ランチは平日のみで7種あり、ご飯お替わりOK(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

ポイント2:各地の特産フルーツの果汁シロップを使ったサワー&ハイボール

フルーツで作った果実のお酒は女性人気も高い(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

九州・福田農場から仕入れた果実シロップを使ったサワーとハイボール(各519円)がイチオシ。福岡県博多産あまおう、佐賀県産温州みかん、大分県産かぼす、熊本県産デコポン、鹿児島県産ボンタンなど15種類あり、どれもフルーティで上品な甘さ。好きなフルーツの酒で大いに楽しもう!

ポイント3:ゆったり過ごせる木造りの広々した空間

ピンク色の提灯が目を引く店内は居心地抜群(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

若い方からご年配の方まで幅広いゲストがリラックスしながら飲めるよう、木をふんだんに使用し温かな雰囲気を演出。仕切りがないので開放感があるほか、席と席の間も間隔をあけゆったりできるよう配慮している。また、カウンター、テーブル、テラスなど席もさまざまあるので、シチュエーションにより選ぼう。

昭和の雰囲気香る外観は大きなのれんや提灯が目印(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

取材担当・Qの感想

飲んべえにとってマグロの刺身は最高の肴!こちらは直接購入しているだけあり、タワーのような 「マグロの切り落とし」が1,070円で、1人では食べ切れない量でした!!またお酒は果実を使ったものが多く、健康が気になる女性にはおすすめですよ。一人飲みウエルカムのカウンターや大人数でもOKの広いテーブル席があるので、いろいろなシーンで大いに活用しそうです。

「豚丼」(780円)は、林SPF豚の肉を使用し旨味十分。ご飯、味噌汁、小鉢、小マグロ、お新香付き。ランチは平日のみでご飯お替わりOK(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る