「実物大ユニコーンガンダム立像」1周年、新たなガンダムはお台場の象徴となったか

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京・お台場のダイバーシティ東京 プラザ、同館のフェスティバル広場に「TOKYO ガンダムプロジェクト」の一環として登場した「実物大ユニコーンガンダム立像」が9月24日(月・祝)、展示開始から1周年を迎えた。

2017年3月に惜しまれながらも展示を終了した実物大ガンダム「RG1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT」に代わり登場した「ユニコーンガンダム」は、『機動戦士ガンダムUC』の主役機。同作はガンダムシリーズの中でも国内外で人気の高い作品だ。

一方で認知度という点においては、初代ガンダムに比べると必ずしも「誰もが知っている」とは言い切れない部分もあった。だが、実物大ユニコーンガンダム立像登場から1年が経ち、新たな立像とユニコーンガンダムは幅広い層に受け入れられていると「実物大ユニコーンガンダム立像PR事務局」の広報は話す。

ダイバーシティ東京 プラザに展示されている「実物大ユニコーンガンダム立像」(C)創通・サンライズ


「お台場のガンダム立像といえば、2012年4月から2017年3月まで同広場に設置されていた初代の『RG1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT』というイメージがありましたが、ユニコーンガンダム立像設置から1年経過し、様々なイベントで多くの方にご来場いただき、お台場のガンダム立像といえば、現在の『ユニコーンガンダム立像』という認知はかなり高まってきたと感じています」。

立像の全高は19.7m。ユニコーンモードからデストロイモードへの“変身”や各所の発光など原作での表現を可能な限り再現した機構が盛り込まれており、立像単体でもインパクトは大きい。だが、同プロジェクトはそれだけに留まらず、プロジェクションマッピングや冬季限定のイルミネーションをはじめ、ガンダム立像と間近で写真を撮ることができるフォトデッキの設置や、立像の足元をくぐるウォークスルーイベント、高校生による国際交流イベント「TOKYO MEETING」など、この1年で様々な施策や演出を行ってきた。

「フォトデッキはプロのカメラマンによる撮影が人気で、お土産のフォトアルバムを、個人、カップル、ファミリーと多様なお客様に購入いただいております。ユニコーンモードとデストロイモードが時間によって変わりますので、両方の写真を記念にと、一日何回かお越しいただいて購入されるお客様もいます。

また、昨年の秋のフォトデッキでは、外国からお越しになられた男性が、一緒にこられた女性に、突然フォトデッキでプロポーズされて、順番待ちのお客様も一緒になって祝福したというエピソードもありました」と話すように、イベントはいずれも好評を博している。

  1. 1
  2. 2

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!六本木周辺のイルミ情報はこちら

人気ランキングも要チェック!

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

いちご狩りの人気スポットランキング

お花見ガイド

お花見ガイド

お花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

お花見・桜名所ランキングもチェック!

ページ上部へ戻る