今夏20年ぶりに公開された夜間参観が秋も開催決定! 東本願寺「渉成園(枳殻邸)」夜間参観でスペシャルなライトアップを

2018年10月30日 18:53更新

関西ウォーカー 森田周子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東本願寺の庭園・渉成園でこの夏20年ぶりに行われた夜間参観が好評だったため、11月15日(木)~27日(火)の期間、秋のライトアップ「光で彩る秋の渉成園」を開催する。夏とはまた違った風景を楽しむことができる秋の夜間参観は、スペシャルなライトアップになること間違いなしだ。

18年、夏の夜間参観ライトアップ時の模様

全ての画像を見る(4件)

このライトアップは、東本願寺で勤まる「報恩講(ほうおんこう)」の特別企画として実施するもので、期間中は日中公開9時~16時(最終受付15時30分)の後閉門し、夜間特別公開用に再開園する。

【写真を見る】美しくライトアップされる庭園も夏とはまた違う味わいに

また今回は、ぜんざいのチケット(500円)を購入された方だけに通常一般には公開していない書院「閬風亭」を特別に開放している。書院内でぜんざい片手に休憩しながら、庭の散策とは違った景色も楽しめる。

渉成園からは京都タワーも望める

通常では公開されない貴重な夜間参観なのでお見逃しなく!

一気に秋らしくなるこの季節は、朝から晩まで京都の町に浸ってみてはいかがだろう。

■「光で彩る秋の渉成園」(夜間参観) 

開催期間:2018年11月15日(木)~27日(火)  時間:各日17:00~20:30(最終受付20:00) 

場所:真宗大谷派(東本願寺) 渉成園(枳殻邸) 住所:京都市下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町 

料金:庭園維持寄付金として500円以上(高校生以下は250円)

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る