飛行機をバックに楽しむ聖堂イルミ!中部国際空港がクリスマス一色に染まるイベント開催

2018年10月25日 20:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2018年11月20日(火)から12月25日(火)まで、中部国際空港 セントレア(愛知県常滑市)で「Centrair Sky Illumination~光の聖堂~&クリスマスマーケット2018」が開催される。同イベントは、2005年の開港以来、冬の風物詩として人気を博すクリスマスイベントだ。

3階出発ロビー中央にクリスマスツリーを設置。マーケット会場へつながる中央階段もクリスマスカラーに!
※会場の写真はイメージ

全ての画像を見る(9件)

今年のテーマは、ベルギーとフィンランドのクリスマス!巨大クリスマスツリーや伝統的な装飾で飾り付け、本場のマーケットを再現している。

ベルギーの本場グルメが味わえるブースも登場※画像はイメージ

ムーミンの形をしたプラスチック製の貯金箱。「プラスティックバンクムーミン」(1836円)

さらに会場には、2019年3月に埼玉県飯能市にグランドオープンする「ムーミンバレーパーク」紹介ブースも出店。ムーミングッズや、ビールやワッフルなど本場のグルメ、雑貨の販売など、盛りだくさんの内容になっている。

【写真を見る】スカイデッキをきらめくイルミで装飾。昨年は25万人が来場した※画像はイメージ

さらに11月3日(祝)から2019年3月31日(日)までの期間中は、夕方になると会場がライトアップされるのでそちらも要チェック。会場に足を運んで、普段とは違う空港を楽しもう!

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る