宮城の酒蔵「一ノ蔵」とコラボ!日本酒バーが銀座に期間限定オープン

2018年12月7日 16:30更新

東京ウォーカー(全国版) 篠田

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

先月銀座にオープンした「PLUSTOKYO」は音楽を軸とした、新しい遊び方を提案する“オトナの社交場“。その「PLUSTOKYO」が、日本酒情報サイト「SAKE美人」プロデュースによる、期間限定の日本酒「POPUP-BAR」をオープンした。

音楽を軸とした新しい遊び方を提案する“オトナの社交場“「PLUSTOKYO」

音楽を軸とした新しい遊び方を提案する“オトナの社交場“「PLUSTOKYO」

すべての画像を見る(7件)

「PLUSTOKYO」の主要ターゲットである、高感度な女性層や訪日外国人に向けて、日本の伝統文化である日本酒の素晴らしさを発信する「POPUP-BAR」。定期的にテーマやコラボレーションする酒蔵を変えているのが特徴で、12月は発売開始から20周年を迎える、女性に大人気のスパークリング日本酒「すず音」をブランドに持つ宮城の酒蔵「一ノ蔵」とコラボレーションしている。

12月は宮城の酒蔵「一ノ蔵」とコラボレーション

12月は宮城の酒蔵「一ノ蔵」とコラボレーション

「すず音」をはじめ、地元鳴子温泉の地熱を活かした温泉熟成酒「Madena」や、精米歩合35パーセントの大吟醸酒「玄昌」など、プレミアムなブランドを7種類用意している。また、来館したゲストへの日本酒のプレゼンテーションやサーブは、SAKE美人キュレーターが担当してくれる(プレゼンテーションは、毎日20時〜23時を予定)。

「POPUP-BAR」は、2019年3月31日(日)まで開催予定。様々な日本酒が楽しめるので、日本酒好きな人はもちろん、日本酒ビギナーにもおすすめ。

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る