炭火で焼くジューシーな牛串と創作レモンサワー!立ち飲みコーナーもあり

2018年12月28日 16:44更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

野毛にオープン。ジューシーな串焼きとレモンサワーで乾杯!
(C)KAODKAWA 撮影=後藤利江

全ての画像を見る(10件)

飲んべえが集う野毛に2018年10月11日、炭火で焼く串焼きとレモンサワーが自慢の「Tempters beef skewers+bar」が登場した。串焼きは素材により3段の網で火加減を調節しながら焼く。「はらみ」、「フィレ」、「ラム肩ロース」、「フォアグラ」など12種そろい1本238円~。

「タルタルチキンNanban」(626円)は自家製ソースが◎(C)KAODKAWA 撮影=後藤利江

そのほか、自家製タルタルソースが絶妙な「チキンNanban」、コンロで熱々のままサーブされる「牛すじのデミグラス味噌煮込」といった一品料理も魅力だ。「創作レモンサワー」(410円~)、「オーガニックワイン グラス」(594円)をお供に楽しもう。

「牛すじのデミグラス味噌煮込み」(518円」は食べ終わったら追加リゾット(324円)を加えて締めよう(C)KAODKAWA 撮影=後藤利江

ポイント1:串は素材により3段の網を駆使して焼き上げる

強火で一気に表面を焼いた後は寝かせて余熱でジワリと火入れするそう(C)KAODKAWA 撮影=後藤利江

素材の余分な脂が落ち、遠赤外線効果でふっくら焼けるよう炭火を使用している。さらに、素材により火の通り方、焼き上がりの旨味、ジューシーさが異なるため、炭火の上に3段の網を設置。素材により上段、中段、下段を使い分けて焼き上げている。

「串盛り」(手前、1,058円)は、「はらみ」や「鴨」、「フィレ」、「ラム肩ロース」など5本盛り。赤ワインのプラムソースがアクセントの「串焼きロッシーニ」(奥、626円)(C)KAODKAWA 撮影=後藤利江

ポイント2:店内にはテーブル席のほかに、半個室や立ち飲みコーナーも!

半個室もあるので、利用したい場合は事前予約を(C)KAODKAWA 撮影=後藤利江

木造りのアットホーム感漂う店内は、少人数から大人数まで利用できるテーブル席のほかにも、4名座れる半個室などをそろえている。さらに入口には、5名ほどが集える立ち飲みコーナーもあり、サクッと飲みたい時に最適!シーンによりチョイスしよう。

ポイント3:アイデア光る創作レモンサワーに注目!

【写真を見る】ひねりの効いた創作レモンサワーに感動!レモンシャーベットを溶かして飲む「氷結レモンサワー」(左、518円)、「瀬戸内レモンサワー」(右、572円)(C)KAODKAWA 撮影=後藤利江

1か月塩漬けした国産レモンのペーストを好みで加えて飲む「瀬戸内レモンサワー」(572円)などいま流行りの「創作レモンサワー」が5種類ある。氷代わりに凍らせたレモンを入れた「氷結レモンサワー」(518円)は、上にあるレモンシャーベットを溶かして味の変化を楽しむ一杯。いろいろ飲み比べてみよう。

レンガを用いたフレンチレストラン風の外観(C)KAODKAWA 撮影=後藤利江

木をふんだんに使った自宅のリビングのように居心地のいい店内(C)KAODKAWA 撮影=後藤利江

取材担当・Qの感想

タルタルソースと半熟卵が絶妙な「ウッフマヨ!ポテトサラダ」(410円)(C)KAODKAWA 撮影=後藤利江

飲んべえの聖地となった「野毛」に、新たな店が仲間入りしました。しかも「炭火串焼きとレモンサワー」を主軸とし、立ち飲みコーナーまであるのがうれしい!炭火串焼きもおすすめですが、ぜひ食べてほしいのが、「ウッフマヨ!ポテトサラダ」(410円)です。オーナーが色々な店を食べ歩いて完成したかつてない内容で、ポテサラ好きノックアウト間違いなしですよ!【取材・文=中沢文子/構成=奥村沙枝奈/撮影=後藤利江】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る