佐賀県が舞台のアニメ「ゾンビランドサガ」聖地巡礼ガイド

2018年12月29日 13:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

佐賀県を舞台にしたTVアニメ「ゾンビランドサガ」(TVQ九州放送、サガテレビほかにてOA中)。ゾンビとして生き返った源さくらたち7人の少女が、佐賀県を救うために結成されたアイドルグループ・フランシュシュとして県のPRに奔走する。劇中には実在する施設や店舗が多数登場。さくらたちが足を運んだ(暴れまわった?)聖地を巡り、街の魅力を再発見しよう!

唐津市歴史民俗資料館

明治時代の繁栄をしのばせる由緒ある洋風建築物

全ての画像を見る(19件)

【写真を見る】第一話より。海に面する埋立地の突端に建つ(C)ゾンビランドサガ製作委員会

1908(明治41)年に建てられた、旧三菱合資会社の唐津出張所。石炭産業で栄えた唐津の近代化を象徴する建物で、佐賀県重要文化財に指定されている。劇中ではさくらたちが住まいとして使用し、歌とダンスの練習に励んでいる。現在は休館中。

[唐津市歴史民俗資料館]佐賀県唐津市海岸通7181 / 0955-53-7129(唐津市文化振興課) /JR西唐津駅より徒歩15分

唐津駅前

駅前の「赤獅子」が目印唐津の観光はここから!

第3話より「赤獅子」の像は職人が1年を費やして制作(C)ゾンビランドサガ製作委員会

唐津の玄関口として、多くの市民や観光客が利用。北口の広場には唐津焼で作られた、唐津くんちの一番曳山「赤獅子」の像が設置されている。さくらたちは、この広場でゲリラライブを敢行するが…。

[唐津駅前]佐賀県唐津市新興町2935-1 / 0955-72-4963 / 9:00〜18:00(唐津駅総合観光案内所) / 無休、2019年1/1(祝)休み

佐賀県立佐賀城本丸歴史館

幕末維新期の佐賀を雰囲気に浸りながら学ぶ

第2話より。国の重要文化財「佐賀城鯱の門及び続櫓」(C)ゾンビランドサガ製作委員会

佐賀城跡に、佐賀城本丸御殿の一部を忠実に復元。幕末維新期の佐賀について当時の雰囲気を感じながら学べる。館内の外御書院(そとごしょいん)で、さくらたちが結成後2度目のライブを行った。

[佐賀県立佐賀城本丸歴史館]佐賀市城内2-18-1 / 0952-41-7550 / 9:30~18:00 / 無休、12/29(土)~31(月) / 佐賀市営バス「佐賀城跡」バス停すぐ

湯宿(ゆしゅく)広場

風情ある嬉野温泉で足元からぬっくぬく!

第4話より。女性にもおすすめな嬉野温泉を、足湯で体感できる(C)ゾンビランドサガ製作委員会

嬉野の温泉街にあり、肌をしっとりなめらかにしてくれる足湯と、美肌の湯をミスト化した足蒸し湯を楽しめる。大切なライブを控えるさくらたちだが、すっかり観光気分になってしまい…。

[湯宿広場]佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2186-2 / 0954-43-0137(嬉野温泉観光協会) / 足湯8:00~23:00、足蒸し湯9:00~20:00 / 無休

ドライブイン鳥 伊万里店

ジューシーな鶏の旨味を "網焼き"で満喫しよう!

第5話より。鶏を中心に牛や豚もそろう(C)ゾンビランドサガ製作委員会

佐賀県民におなじみの鳥料理店。昭和のレトロ感たっぷりの店内で、ありたどりや有明鶏などの焼肉を味わえる。店のCM撮影のために訪れたさくらたちは、そのおいしさに思わず感激。

[ドライブイン鳥 伊万里店]佐賀県伊万里市大坪町甲1384-2 / 0955-23-0667 / 11:00〜23:00(LO22:40)、ランチは平日〜15:00(LO) / 第1・3水曜休み

鹿島ガタリンピック

大人から子供まで泥まみれで楽しむ大運動会写真提供:佐賀県観光連盟

第5話より。毎年5月下旬に開催。参加者が全身泥だらけになり、会場全体に笑い声が響き渡る(C)ゾンビランドサガ製作委員会

有明海の干潟を舞台にした毎年恒例のイベント。板で滑ったり細長い板の上を自転車で進んだりと、ユニークな競技が行われる。さくらたちは慣れない干潟に苦戦。優勝したのはまさかの…。

[鹿島ガタリンピック]佐賀県鹿島市音成甲4427-6 鹿島市七浦海浜スポーツ公園(道の駅鹿島) / 0954-62-5656(鹿島青年会議所)

風月堂

「まっちゃカステラロール」(980円)など、オリジナル商品が充実する

第4話より。嬉野ならではの スイーツにほっこり(C)ゾンビランドサガ製作委員会

半世紀にわたり愛され続ける洋菓子店。嬉野の天然記念物・大茶樹の実を模した焼き菓子「大茶樹」(97円)などが名物。大切なライブを前に、さくらたちはこっそり温泉街を散策するが…。

[風月堂]佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2127-1 / 0954-42-0272 / 8:00〜20:00 / 不定休 / 嬉野温泉バスセンターより徒歩5分

佐賀GEILS(ガイルズ)

ロックやジャズなど幅広いジャンルのアーティストが登場

第1話より。熱いパフォーマンスに 今夜もファンが釘付け(C)ゾンビランドサガ製作委員会

350人のキャパを誇る老舗のライブハウス。ジャンルを問わずさまざまなアーティストがプレイする。さくらたちは初ライブで、初めてとは思えない奇跡のパフォーマンスを披露する。

[佐賀GEILS]佐賀市駅前中央2-7-18 / 0952-33-3711 / JR佐賀駅より徒歩5分

カフェモカ

第4話より。「シーボルトのあし湯」からすぐの場所にある(C)ゾンビランドサガ製作委員会

嬉野の温泉街に佇むカフェ。旬の果物をたっぷり使用したパフェが、季節変わりで登場する。練習に励んでいるはずのさくらたちだが、店内で商談をするマネージャー・巽から窓越しに…。

[カフェモカ]嬉野市嬉野町下宿乙2179-1 / 0954-43-1332 / 11:30~15:30(LO15:00)、18:00~20:30(LO20:00) / 不定休

656(むつごろう)広場

毎(木)の「木6(もくむつ)ライブ」など多彩なイベントが行われている

第8話より。中心市街地にある 佐賀市民の憩いの場(C)ゾンビランドサガ製作委員会

街なかのにぎわいを創出することを目的とした施設。イベントがない日には椅子が並び、市民の憩いの場として親しまれている。メンバーのリリィはここで、父への思いを歌で届ける。

[656(むつごろう)広場]佐賀市呉服元町2-25 / 0952-22-7340(ユマニテさが) / 9:00~21:00 / 無休、12月29日(土)~2019年1月3日(木)

この記事の画像一覧(全19枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る