「COOL JAPAN PARK OSAKA」のオープニング公演「KEREN」 日本古来の伝統芸能とデジタルアートが融合した大迫力のステージ

2019年2月25日 10:45更新

関西ウォーカー 新城重登

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「COOL JAPAN PARK OSAKA(クールジャパンパーク大阪)」WWホールで2月25日(月)、同施設のオープニング公演であるノンバーバル・ノンストップショー「KEREN」が始まる。同24日にグランドプレミア公演が行われた。

殺陣×歌舞伎仕掛け×ダンスの壮大な演出

すべての画像を見る(15件)

外国人観光客にも楽しんでもらおうとセリフが無い「KEREN」は、「クールジャパン」をテーマに京都・大阪・神戸・奈良を舞台にした殺陣、歌舞伎、日本舞踊などの日本古来の伝統芸能と「Moment Factory」のデジタルアートが融合した古今の日本の情景が絵巻物のように表現される圧巻のステージだ。公演名の「KEREN」は、歌舞伎の世界で奇抜な演出を指す「外連(けれん)」から。主催は吉本興業。

劇画タッチのアニメーションと剣劇の融合

同公演には、脚本・演出に数々のテレビ番組を手がけた髙平哲郎さん、振付に伝説的ミュージカル「コーラスライン」のオリジナルキャストで2017年トニー賞受賞のバーヨーク・リーさん、映画「座頭市」でタップ振付や国内外で活躍するHIDEBOHさんによるタップ振付、世界的なサムライ・ソード・アーティストとして、映画「KILL BILL」への出演・殺陣指導や数々の海外公演を成功させた島口哲朗さんなど錚々たる制作陣が集結した。

パチンコ台を表現

この日は、西川きよしさん・ヘレンさん、ハイヒール、シルクさん、月亭八光さんファミリー、末成由美さん、未知やすえさん、アインシュタイン、見取り図、トットのよしもと芸人が観覧した。

ド迫力の恐怖の世界

リンゴさんは「映像の迫力にびっくりした。これを観たら日本がさっとわかる」、モモコさんは「映像は吉本にしては凄いお金かけてる」、末成さんは「ようけ稽古しはったね。稽古は去年の8月から、新喜劇は何時間やからね」、未知さんは「宙吊りも新喜劇やったらオクレ兄さんが吊られているのとえらい違い」と、それぞれ話した。

大阪をイメージしたセット

クールジャパンパーク大阪は、国内及び世界中から大阪を訪れる観光客の方々に国内外のハイレベルなエンタテインメントを発信する目的で開設。大ホール「WWホール」(1,144席)、中ホール「TTホール」(706席)、小ホール「SSホール」(300席)の3つの劇場で構成する。

クールジャパンパーク大阪 WWホール

※関西ウォーカーWEB(https://kansai.walkerplus.com/)ではグランドプレミア公演や、よしもと芸人のコメント動画も掲載しています。

ハイヒール シルクさん

■COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール オープニング公演「KEREN」 <日程>2019年2月25日(月)~8月25日(土) <場所>COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール(大阪市中央区大阪城3番6号) <料金>S席 大人7,500円 / 子供3,000円 A席 大人5,000円 / 子供2,000円 ※2・3月公演限定!大阪府民割引 S席 大人5,000円 / 子供2,000円、A席 大人4,000円 <発売>チケットよしもと、ローソンチケット、チケットぴあにて一般発売中

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る