春はのんびり温泉で癒されよう!熊本・南阿蘇村のおすすめ温泉4選

2019年3月7日 11:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

まだ寒さが残るこの時期は、あったかい湯にゆっくりつかって温まりたいもの。今回は、自然あふれる熊本・南阿蘇村の温泉を紹介!

目の前に広がるのは阿蘇五岳の大パノラマ!「ホテルグリーンピア 南阿蘇」

ホテルグリーンピア 南阿蘇 / 昼は山々を見渡せる露天風呂。日が暮れると頭上には星空が広がる

すべての画像を見る(9件)

標高650mの高台にあり、阿蘇五岳を正面に望む絶好のロケーション。露天風呂では、湯舟につかりながら雄大な景色を堪能できる。泉質は炭酸水素塩泉で、とろりとしたなめらかな肌触り。美肌効果が高いといわれている。 

ホテルグリーンピア 南阿蘇 / 阿蘇の景色を眺めながら食事ができるレストラン 

ホテルグリーンピア 南阿蘇 / 天気がいい日は、テラス席がおすすめ。日常から離れた優雅なひと時を過ごそう

ホテルグリーンピア 南阿蘇 / 自家製の「ドリンクヨーグルト」(720円)、「プレーンヨーグルト」(520円)は、おみやげにもぴったり

[ホテルグリーンピア 南阿蘇]熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石4411-9 / 0967-67-2131 / 12:30~19:00(サウナは15:00~) / 不定休 / 中学生以上600円、5歳以上300円、4歳以下無料

開放感抜群の露天風呂と種類豊富な湯を満喫「南阿蘇村総合福祉温泉センター ウィナス」

南阿蘇村総合福祉温泉センター ウィナス / 緑の木々に囲まれた露天風呂。湯舟の一角には寝湯も備えている 

南外輪山を一望できる露天風呂が魅力。内湯では、マイナスイオンが発生する陶板を敷き詰めた「スーパーマイナスイオン陶板浴」や電気風呂、薬草風呂など、バラエティ豊かな湯がそろう。館内は飲食物の持ち込みもOK。

館内に併設されたトレーニングルーム(200円)は、入浴すると利用料が無料になる。また、200人収容の大広間もあるほか、ゆったりと過ごせる畳敷きの休憩室も完備。

[南阿蘇村総合福祉温泉センター ウィナス]熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽4530 / 0967-67-2277 / 10:00~21:00(最終受付20:30) / 第2水曜休み / 中学生以上300円、小学生150円、未就学児無料

木の香りに癒されて心身共にリフレッシュ「阿蘇白水温泉 瑠璃」

【写真を見る】阿蘇白水温泉 瑠璃 / 積み上げた稲ワラをイメージした「こづみの湯」

南外輪山の麓にたたずむ、宿泊型の温泉施設。デザインが異なる2つの大浴場があり、毎週日曜に男湯と女湯の入替えを行う。どちらも天井に天然木をふんだんに使い、大きな天窓から光が射し込む温かみのある空間だ。

阿蘇白水温泉 瑠璃 / 直線を生かしたデザインの「かけぼしの湯」

阿蘇白水温泉 瑠璃 / 無料休憩室は、40畳の大広間。天然木を組み上げた高い天井で開放的だ

[阿蘇白水温泉 瑠璃(るり)]熊本県阿蘇郡南阿蘇村一関1260-1 / 0967-62-9999 / 10:30~22:00(貸切り湯~20:30) / 第4水曜休み、※~3月31日(日)は、大浴場露天風呂は休止中 / 中学生以上300円、3歳以上150円、2歳以下無料、貸切り湯1室50分1500円 

新緑萌える庭園露天に男女計13の湯舟が点在「火の山温泉 どんどこ湯」

阿蘇では珍しい緑白色のにごり湯。約1000坪の敷地に、自然木や巨大な溶岩石を配した、豪快な造りの庭園露天風呂。湯舟は男女計13。ライトアップされて幻想的な雰囲気に一変する、夜の露天風呂もおすすめだ。

火の山温泉 どんどこ湯 / 湯は美人の湯と称される硫酸塩泉 

[火の山温泉 どんどこ湯]熊本県阿蘇郡南阿蘇村下野135-1 / 0967-35-1726 / 11:00~22:00(最終受付21:00) ※~3月14日(木)まで改修予定(要問い合わせ) / 無休 / 中学生以上620円、3歳以上310円、2歳以下無料

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る