東海地区では初展示!三重県・パラミタミュージアムで「エロール・ル・カイン展」開催中

2019年3月8日 20:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

三重県三重郡菰野町にあるパラミタミュージアムで、3月31日(日)まで「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン展」が開催されている。

Cupid-and-Psyche1977キューピットとプシケー
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

『キャベツ姫』『キューピッドとプシケー』『おどる12人のおひめさま』『魔術師キャッツ』など数多くの絵本を生み出し、“イメージの魔術師”と呼ばれたイギリスの絵本作家、エロール・ル・カイン。

同展では、絵本原画やスケッチ、資料などを一堂に展示し、幻想的な絵と豊かな色彩、細密な描写と大胆な構図でル・カインが描き出す絵本のストーリーを辿りながら、その魔術の秘密をひも解いていく。

【写真を見る】会場には数多くのル・カインの作品が展示される写真は主催者提供

担当者は「本展は東海地区初の展示で、181点のボリュームある内容です。古今東西、様々な美が詰まったル・カインの世界をご堪能下さい」と展示ボリュームとル・カインについて話す。

2月から開催されてきた「エロール・ル・カイン展」も残りわずか。まだ訪れていない人はパラミタミュージアムでイメージの魔術師「ル・カイン」の世界観に触れてみよう!

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る