誕生20周年の今こそ行きたい!春の「リサとガスパールタウン」をレポート

2019年4月8日 11:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

フランス生まれの人気キャラクター、リサとガスパールが2019年に誕生20周年を迎えた。ウサギでも犬でもない、とびきりキュートなパリの住人、リサとガスパール。その魅力を体感できる入園無料のテーマパークが、富士急ハイランド内にある。

キャラクター誕生20周年、さらには昨年開園5周年を迎え、さらに盛り上がりを見せる「リサとガスパールタウン」を、動画ファッションマガジン「C CHANNEL」クリッパー(投稿者)の三ツ石佳央莉さんがレポート!

温もりあふれる油絵タッチに注目!リサとガスパールトレイン


リサとガスパールのかわいさが詰まった「リサとガスパールトレイン」を前に、早速、笑顔を見せる三ツ石さん


「リサとガスパールタウン」に到着する前から、「かわいい!」連発の三ツ石さん。目の前に停車しているのは、キャラクター誕生20周年を記念して3月から運行を開始した、富士急行線(大月駅~河口湖駅)の特別車両「リサとガスパールトレイン」だ。

油絵タッチの赤をベースにした、カラフルな車体に心が躍る


3両編成の車体は、「リサとガスパール」の絵本と同じ油絵タッチのイラストで彩られ、無邪気に遊ぶリサとガスパールが、そこかしこに描かれている。

富士山の頂上に立つリサとガスパールを発見!


すると、何かを発見した様子の三ツ石さん。「富士山の頂上に立つ2人がかわいすぎる!」、富士山の麓を走る、富士急行線ならではのイラストも注目ポイントだ。

「リサとガスパールトレイン」のドアは、赤、黄色、青、緑の4色。開閉によってキャラクターが見え隠れする


外装だけでなく、車内も見どころたっぷり。絵本の名シーンのイラスト約100枚が飾られているほか、扉や路線図も「リサとガスパール」仕様の特別デザインとなっている。「これは行く前からテンション上がりますね!」と、三ツ石さん。期待に胸を膨らませて、「リサとガスパールタウン」へ向かった。

「パリの街を歩いているみたい!」と三ツ石さん


タウン内はパリの街並みが再現された、オシャレな雰囲気。入園するなり、三ツ石さんは「たくさん写真撮りたくなる!ここが入園無料なんて…」と、周囲をキョロキョロ。

写真撮影にぴったりなスポットが目白押し!「ストロベリーフェスタ※4月19日(金)まで」と連動したデコレーションもキュート


リサとガスパールが巻いているマフラーの色をイメージした「リサとガスパールソフト」(360円)


さっそく、ビビッドな赤と青の配色が目をひく「リサとガスパールソフト」(360円)を手に、写真をパチリ!ソフトクリームは、インパクト抜群の見た目とは裏腹に、バニラの優しい甘味にヨーグルトの爽やかな酸味が重なる、さっぱりとした味わい。気温が高くなるこれからの季節にぴったりのおいしさだ。

鏡だらけの不思議空間!SNS映えも狙える新アトラクション


鏡に囲まれ、ユニークな写真を撮ることができる。「どれが本物かわからない!」と大はしゃぎの三ツ石さん


次は3月に新登場した屋内型迷路「リサとガスパールのミラーメイズ~マジック・ショーへようこそ~」(1回800円)を体験することに。アトラクション内に一歩足を踏み入れると、そこは無数の鏡に囲まれた不思議な世界。

リサと一緒にティータイムを楽しんでいるような写真が撮れる、フォトスポットも用意されている


前に進もうとしても、視界に入るあらゆるものが、本物なのか鏡に映る“偽物”なのか区別がつかず、三ツ石さんもパニックに!手探り状態で進んでいくと、ティータイム中のリサを発見。「椅子に座って、一緒に写真が撮れるんだ!」と三ツ石さん。

無数のボールがパステルカラーの光を放つ、メルヘンチックな空間


鏡が一切なく、赤い壁に絵が飾られたスペースも


迷路の途中には、鏡の反射を利用したフォトスポットや、大人も童心に帰って楽しめる仕掛けがたくさん用意されている。パステルカラーのボールに囲まれた一画では、三ツ石さんも「きれい」とつぶやき、うっとりした表情に。迷路は思いのほか難易度が高く、出口も意外な場所に隠されているので、大人も夢中になってしまうこと間違いなし!

富士山を眺めながら楽しむ贅沢なティータイム


パリの劇場をイメージした「レ レーヴ サロン・ド・テ」は、富士山を間近に望む眺望も自慢の1つ


「すごく楽しかった!」と、すっかり満喫した様子でアトラクションを後にした三ツ石さん。続いてやって来たのは、「レ レーヴ サロン・ド・テ」。フランス語で“夢のティーサロン”を意味する店名のとおり、パリの劇場を思わせるきらびやかな空間が広がる。

パリパリ食感のパリブレストと、3種類のアイスクリームが絶妙なハーモニーを奏でる「リサとガスパールのパリブレスト」(1250円)


さらに、三ツ石さんの目を釘付けにしたのは、大きな窓の向こうにそびえ立つ、雄大な富士山。「こんな絶景を眺めながらティータイムを楽しめるなんて幸せ」と笑顔を見せる三ツ石さんだったが、運ばれてきたデザートを見て、さらに大興奮!この日チョイスしたのは、「リサとガスパールのパリブレスト」(1250円)。

リサの形をしたクッキーをパクリ!


3種類のアイスクリームをシュー生地でサンドし、その上にリング状のシュー生地をもう1つオン。リサとガスパールのクッキーもトッピングされ、食べてしまうのがもったいないほどのかわいらしさだ。味も大満足のようで「シュー生地がサクサクでおいしい!チョコソースやフルーツも添えられていて、一度に色々な味が楽しめるのも良いですね」と、三ツ石さん。

「レ レーヴ サロン・ド・テ」1階のショーケースには、華やかなケーキがずらりと並ぶ。「ケーキもとってもかわいい!」と目を輝かせる三ツ石さん


また、「レ レーヴ サロン・ド・テ」の1階では、お土産にぴったりな焼き菓子や、テイクアウト用のケーキも販売されているので、ぜひチェックしてみて。

  1. 1
  2. 2

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全28枚)

キーワード

ページ上部へ戻る