岩手県で遊ぶなら!岩手県の人気おでかけスポット5選

2019年5月2日 07:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

リアス式海岸を有する三陸海岸をはじめ、広大で奥深い自然に恵まれた岩手県。わんこそばや、盛岡冷麺など、グルメも魅力溢れる岩手県には、週末や休日のおでかけにぴったりの施設がたくさん!

今回はおでかけ情報サイト「ウォーカープラス」の持つアクセスデータから、岩手県で人気のおでかけスポット5選を紹介しよう(データは2019年4月1日時点のもの)。

盛岡市余熱利用健康増進センター ゆぴあす


 


ゴミ焼却時に出る余熱を利用した“エコ”な温水プール。長さ25メートルのウォータースライダーが3本あるスラロームプール、全周135メートルの流水プール、25メートルが4コースある競泳プールなど、全5種類のプールを設置。泳ぎ疲れたら寝湯や座湯、立ち湯のあるバーディーゾーンでくつろげる。

岩手県営屋内温水プール ホットスイム


 


オールシーズン楽しめる県営温水プール施設。日本水泳連盟公認の競泳用プールでもある50メートルプールのほか、ファミリープールや流れるプールも併設している。なかでも、高さ7.9メートルと4.6メートルの2種類のチューブの中を滑り落ちるウォータースライダーが人気だ。

種山高原星座の森


 


作家、宮沢賢治がこよなく愛した種山高原に広がるアウトドア施設。海や野山、夜空の星にも手が届きそうなほどに自然の景観を味わえる。昆虫採集、バードウォッチングなども楽しめる。

歴史公園 えさし藤原の郷


 


日本で唯一、平安時代をテーマにした歴史公園。約20万平方メートルの広大な園内には、寝殿造の伽羅御所(きゃらのごしょ)をはじめ、大小合わせ120棟余りの歴史的建造物が再現されている。

大河ドラマや映画のロケも多数行われており、自然景観と建造物が織りなす平安時代さながらの風景が魅力だ。時代衣装、鎧の着付けや弓矢などの体験も楽しめる。「トリックアート平安の館」も人気だ。

岩山パークランド


 


盛岡市の中心部からも近い遊園地。園内には絶景が魅力の大観覧車、メリーゴーランドはもちろん、ポップスピンコースターや大回転がスリル満点のアポロなどの絶叫マシンがある。豊富な乗り物でレジャーやデートにもぴったりだ。

今回紹介したお出かけスポットの中には、時期によってアトラクションや展示内容が変わるところもある。気に入ったおでかけスポットは一度と言わず、二度三度と遊びに行くのもいいだろう。

桑原健太郎

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る